六本木アートカレッジ

六本木アートカレッジ
好奇心から生まれるクリエイティビティ ~一歩先の遊び場創り~

【オープニングトーク】

日時

2015年11月23日 (月)  10:30~11:30 (開場 9:30)
終了しています

内容

billsのメニュー
 世の中のトレンドを創っている企業トランジット。
カフェ「Sign」や世界一の朝食で有名な「bills」、最近では台湾発のかき氷の「ICE MONSTOR」と、行列が絶えない話題店を手がけるトランジット。
プロデュースはカフェやレストランだけでなく、築40年以上のビルをリノベして、おしゃれなシェアオフィスやシェアハウスに変身させるなど、その対象はライフスタイル全般にわたり、常にトレンドを創りあげています。

 では、「トレンドをどのように読むか? どのように創り上げるか?」。
社長の中村貞裕氏は、「好奇心が原動力であり、ブランドを創りあげるプロセスは緻密に計算し、こつこつと積み上げる地道な過程だ」と言われます。つまりトレンドを創るクリエイティビティは、特殊なモノというよりも、日々アンテナを高くはり、努力の積み重ねのようです。

 今年のオープニングトークでは、中村氏のトレンドを創りあげるための思考プロセスをお話しいただき、ロジカルな思考の持ち主である竹中先生との対談により、「中村流クリエイティビティ」を紐解いていただきたいと思います。



講師紹介

スピーカー
中村貞裕 (なかむら・さだひろ)
株式会社トランジットジェネラルオフィス代表取締役社長

1971年、東京都生まれ。伊勢丹に入社後、30歳の時にTRANSIT GENERAL OFFICEをスタート。その後、カフェ「Sign」をはじめ、ホテル「クラスカ」の企画、世界一の朝食「bills」の運営、最近では行列のできる「アイスモンスター」など、話題の空間を次々に手掛けるヒットメーカーとして様々な分野で活躍している。
  株式会社トランジットジェネラルオフィス

すべて読む 閉じる

モデレーター
竹中平蔵 (たけなか・へいぞう)
アカデミーヒルズ理事長/慶應義塾大学名誉教授

Biography in English
1951年和歌山県生まれ。一橋大学経済学部卒業。経済学博士。
ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て、2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣を皮切りに、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣兼務、総務大臣を歴任。2006年よりアカデミーヒルズ理事長。現在、慶應義塾大学名誉教授。ほか㈱パソナグループ取締役会長、オリックス㈱社外取締役、SBIホールディングス㈱ 独立社外取締役、世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを兼務。
著書は、『経済古典は役に立つ』(光文社)、『竹中式マトリクス勉強法』(幻冬舎)、『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』(日本経済新聞社)、『研究開発と設備投資の経済学』(サントリー学芸賞受賞、東洋経済新報社)など多数。

すべて読む 閉じる


石倉洋子のグローバル・ゼミ
六本木アートカレッジ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB