六本木アートカレッジ

六本木アートカレッジ
「奇想天外—驚きの絵巻を愉しむ」

日時

2011年11月23日 (水)  11:15~12:15
終了しています

内容

人は絵画を見たとき、何に注目し、何を面白いと思うのでしょうか。
一つの愉しみ方として、色や形を見て、きれい、おもしろいと思うのかもしれません。
しかし、古い絵師たちは、その想像力と好奇心をもって、思いもよらない仕掛を凝らした作品を生み出しています。本講義では、強烈で印象的な社会風俗表現のある日本の古い絵巻をご紹介しながら、新しい絵画の愉しみ方を知り、従来の「アート」の見方が変わる体験をお届けします。

【講師紹介】


榊原悟(群馬県立女子大学教授/岡崎市立美術館館長)

1948年、愛知県西尾市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修了。専門は日本絵画史。サントリー美術館主席学芸員を経て、現在は群馬県立女子大学教授。2011年7月より岡崎市美術博物館、館長。文学博士。著書に『美の架け橋—異国に遣わされた屏風たち』(ぺりかん社 芸術選奨文部科学大臣賞)『日本絵画の遊び』(岩波新書)などがある。


石倉洋子のグローバル・ゼミ
六本木アートカレッジ
Friday Night
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB