新着情報

2021年も残すところあとひと月余りとなりました。
今年もライブラリーをご利用いただきありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。
年末年始は、開館時間が通常とは異なりますのでご確認のうえご来館ください。
なお、1月1日(土祝)は休館とさせていただきます。

[ 2021年11月23日 (火) 更新 ]

国を越えて独自の研究を続けた女性科学者の努力がワクチンの開発につながった『世界を救うmRNAワクチンの開発者 カタリン・カリコ』はじめ、今読むべき最新書籍はこちらです。

[ 2021年11月16日 (火) 更新 ]

今回は、私たちにつねに関わりながらも、実態はあまりよく知られていない「気象」の本をご紹介いたします。予報から歴史まで。一緒に自然をとらえる7冊を選びました。

[ 2021年11月16日 (火) 更新 ]

CATALYST BOOKS vol.3

理解を深める1冊

イベント「カタリスト・トーク」の登壇者が紹介する「理解を深める1冊」。今回は、成田憲保さんの著書『地球は特別な惑星か?地球外生命に迫る系外惑星の科学』です。テーマをより深く知るため、良質な書籍に出会う場としてご活用ください。

[ 2021年11月09日 (火) 更新 ]

六本木ヒルズライブラリーにはどんな本があるの? メンバーに最も人気があるのはどんな本? といったことを示すのは、ライブラリーメンバーが購入した蔵書のリストです。どんな本が並んでいるでしょうか?

[ 2021年11月02日 (火) 更新 ]

『東京の生活史』岸政彦【編】
生の語りから立ち上がる、手触りを持った東京の風景。ずしりと手首に響く重さは、果たして軽いのか重いのか。

[ 2021年10月28日 (木) 更新 ]

CATALYST BOOKS vol.2

理解を深める1冊

イベント「カタリスト・トーク」の登壇者が紹介する「理解を深める1冊」。今回は、岡井大輝さんが選んだ「ゼロから自分の頭で考えることが、前提の違う問いを生む」に関する本です。テーマをより深く知るため、良質な書籍に出会う場としてご活用ください。

[ 2021年10月25日 (月) 更新 ]

音楽の可能性を考える~やっぱり「生で聴きたい!」の理由~

ヤマザキマリ(漫画家・文筆家)× 大貫妙子(ミュージシャン)

コロナ禍において数多くのライブが中止やオンライン配信をよぎなくされる今、音楽、そして音楽と人のかかわりはどのように変わっていくのか。「音楽の可能性を考える、やっぱり生で聴きたい理由」をテーマにお話いただきました。

[ 2021年10月21日 (木) 更新 ]

猫の寿命を延ばそうとする研究を、ヒトにもフィードバックしていくイノベーション『猫が30歳まで生きる日』、マラソン王国・エチオピアでのランニングを人類学者が描く『ランニング王国を生きる』など、今読むべき最新書籍のご紹介です。

[ 2021年10月19日 (火) 更新 ]

おすすめイベント

開催日 : 12月13日 (月) 19:00~20:15
 NEW

いま、ベラルーシと欧州の間で何が起きているのか?1か月にわたって現地取材したジャーナリスト村山祐介さんから、ベラルーシ移民危機を解説いただきます。

開催日 : 12月15日 (水) 12:00~12:45
 / 12月15日 (水) 19:00~19:45

毎月1回のメンバー限定雑談の会です。肩の力を抜いて参加できる45分を過ごしてみませんか? トーク内容は自由です。途中からでも、30分間だけでも、ふらっとお立ち寄りください!

開催日 : 12月20日 (月) 19:00~20:00

少年とモグラ、キツネ、馬の冒険と心の交流を美しいイラストとともに描いたアート絵本『ぼく モグラ キツネ 馬』(飛鳥新社)を、テレビ朝日アナウンサーの矢島悠子さんによる朗読で鑑賞しながら、翻訳者である川村元気さんに、翻訳時に込めた思いや、このストーリーから気づかされたことなどをお話しいただきます。

イベントカレンダー