academyhills
ピープル

安藤孝浩(あんどう・たかひろ)

現代美術作家/宇宙アーティスト

プロフィール

安藤孝浩

1965年東京生まれ。1991年東京藝術大学美術学部絵画科卒業。2004~2008年東京藝術大学絵画科教育研究助手。2009~2012年東京藝術大学非常勤講師。

2001年に、光の素粒子「光子」を捉える(※1)作品を発表する。
(※1:浜松ホトニクス製光電子増倍管モジュール、フォトンカウンティングヘッドを使用。フォトンから得られた信号を音に変換し、感覚的に光子の粒状性を感知する作品。)

2004年に、植物の種子から発生する微弱光(バイオフォトン)を光電子倍増管で捉えリアルタイムに映像化するアート作品を(※2)発表。文化庁メディア芸術祭にて審査委員推薦作品に選ばれる。
(※2:NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)、東京)

2013年に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で宇宙芸術『お地球見』を国際宇宙ステーション、「きぼう」日本実験棟にて実施。


関連講座

2013年11月

JAXA presents
宇宙時代における日本の独創性

~「お地球見」を体験してみよう!~

講座開催日:2013年11月24日 (日)

  世界15か国が参加しているISS(国際宇宙ステーション)計画の中で、日本は独自の活動を行っています。「きぼう」日本実験棟では、テクノロジーやサイエンス分野だけではなく、芸術分野の実験を行い、アートの可能性を探っています。ただ、このような日本の活動やその成果は、国内ではあまり知られていません。....

おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!