academyhills
ピープル

相馬 央令子(そうま・えりこ)

宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究本部 研究員

プロフィール

相馬 央令子

東京都出身。2003年(平成15年)東京理科大学工学部卒業、2008年(平成20年)東京理科大学大学院工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。現在に至る。
物体が超高速(秒速数km)で衝突した際の電波放射現象の解明および宇宙デブリの衝突検出システムの研究を行う。また小型ソーラー電力セイルプロジェクトにも携わっている。
研究のかたわら、一般の人へ最先端の科学の面白さを伝える活動や様々な分野の研究成果をデザインしたグッズ開発なども行っている。国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータ。


関連講座

2009年10月

地球をまわるスペースデブリ
~宇宙開発が遺したもの~
講座開催日:2009年10月06日 (火)

相馬 央令子(JAXA研究本部 研究員)
天気予報やカーナビ、携帯電話など生活に欠かせない人工衛星。この便利さの裏で近年「宇宙ゴミ(スペースデプリ)問題が浮上。特徴や現状、模擬実験の様子などデプリの最先端をご紹介します。


教養

おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!