academyhills
ピープル

諸隈智貴(もろくま・ともき)

日本学術振興会 特別研究員
国立天文台 光赤外研究部

プロフィール

諸隈智貴

1979年(昭和54年)東京都豊島区生まれ。2002年(平成14年)東京大学理学部天文学科卒業、2007年(平成19年)東京大学大学院博士課程修了(理学博士)、現在に至る。
専門分野は、遠方活動銀河核の研究と可視光撮像装置開発。あらゆる銀河の中心に存在すると考えられている超巨大ブラックホールの成長と、銀河の成長との関連を調べる研究を行っている。また、現在、ハワイ島マウナケア山頂のすばる望遠鏡に新しく搭載する超広視野カメラHyper Suprime-Camの製作も行っている。


関連講座

2009年08月

銀河のむかしと今
~すばる望遠鏡により紐解かれる宇宙の歴史~
講座開催日:2009年08月29日 (土)

諸隈 智貴(国立天文台 光赤外研究部)
はるか遠くの星の光は、長い時間をかけて宇宙空間を旅し、私たちの元に届きます。つまり遠くを見ることは過去を見ること。観測で分かった137億年の銀河の歴史をご紹介します。


教養

おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!