academyhills
ピープル

内田和成(うちだ・かずなり)

早稲田大学ビジネススクール教授

プロフィール

内田和成

東京大学工学部卒業。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。日本航空株式会社を経て1985年にボストンコンサルティンググループ(BCG)入社。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表、2009年12月までシニア・アドバイザーを務める。ハイテク、情報通信サービス、自動車業界を中心にマーケティング戦略、新規事業戦略、中長期戦略、グローバル戦略の策定・実行支援を数多く経験。2006年には「世界でもっとも有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。
2006年より早稲田大学大学院商学研究科教授。ビジネススクールで競争戦略論やリーダーシップ論を教えるほか、エグゼクティブ・プログラムでの講義や企業のリーダーシップ・トレーニングも行う。

著書に『仮説思考』(東洋経済新報社)、『「量」の経営から、「質」の経営へ』(共著、東洋経済新報社)、『デコンストラクション経営革命』(日本能率協会マネジメントセンター)、『eエコノミーの企業戦略』(PHP研究所)、『顧客ロイヤルティの時代』(共著、同文舘出版)、『スパークする思考』(角川oneテーマ21)、『異業種競争戦略』(日本経済新聞出版社)などがある。


関連講座

2010年04月

内田和成の『論点思考』

~BCG流 問題設定の技術~

講座開催日:2010年04月26日 (月)

内田 和成(早稲田大学ビジネススクール教授)
今回講師としてお越しいただく内田氏は、ボストンコンサルティンググループの前日本代表であり、「世界でもっとも有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出されるなど、世界を舞台に活躍されています。
話題の近著『論点思考』を元に、内田氏から直接、実践的な「問題設定の技術」について学びます。


BIZセミナー ビジネススキルキャリア・人

2007年02月

講座開催日:2007年02月16日 (金)

ビジネスにおける問題解決で最も重要なことは、問題を解決する前に、何が真の問題であるかを発見することです。 経営として解決すべき真の問題を「大論点」とよぶが、これが正しければ、既に多く語られているロジカルなアプローチで解決策を導き出すことができます。これが間違っていると、いくら正しい答えを出しても問....

著作書籍

仮説思考—BCG流問題発見・解決の発想法

内田和成

東洋経済新報社


異業種競争戦略

内田和成

日本経済新聞出版社


論点思考

内田和成

東洋経済新報社


早稲田会議—2050年、日本と日本企業が目指す道

内田和成

東洋経済新報社


BCG経営コンセプト 市場創造編

内田和成

東洋経済新報社


おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!