アカデミーヒルズスクール
イベント

「リフレーミング思考」で問題解決のヒントを得る!

~今捉われている考えから抜け出す“悩まない技術”~

ベーシック講座 ビジネススキル

日時

2012年07月18日 (水)  19:00~21:00
終了しています

内容

「リフレーミング」とは、起こった出来事をまったく違った枠組みで捉えなおす考え方です。人は問題に直面すると、過去の経験や学習で培われた「思考の枠組み」(フレーム)を使って対処しようとします。そうすることで、うまくいく事もあれば、そのフレームに固執することにより、事態を悪化させたり、解決を難しくしてしまうこともあります。「ねばならない」「べきである」「違いない」と、一つの考えに捉われて身動きが取れなくなってしまうのです。

リフレーミングの例としてよく挙げられるのが、「コップに半分の水を“もう半分しかない”と捉えるか“まだ半分ある”と捉えるか」の喩えです。経営資源や上司の性格を水だと考えれば、どちらのフレームで考えるかによって行動が大きく違ってくることが分かります。今の枠組みを疑い新たな枠組みを見つけ出す。そのことで選択肢広げ、自分が本当に力を注ぐべきポイントに気づき、創造的な問題解決を図る。それこそが「リフレーミング思考」の目的です。

本講座では、ビジネスの様々な場面でリフレーミングが使えるよう、リフレーミング思考の基本的な考え方を演習を交えて学びます。さらに、リーダーやファシリテーターがリフレーミング思考を活用すれば、会議やチーム運営で生じる組織の問題が創造的に解決できることを理解していきます。

【 カリキュラム】
□ リフレーミング思考の基本
 ・ネガポジ転換の2つのリフレーミング
 ・上司や部下を思うように動かすには
□ リフレーミングを組織運営に活かそう!
 ・<ケース1>なぜ合意形成できないのか?
 ・<ケース2>会社がなぜ変わらないのか?
□ 自分がコントロールできるものに集中する


講師紹介

講師
堀 公俊 (ほり・きみとし)
堀公俊事務所代表 組織コンサルタント NPO法人日本ファシリテーション協会フェロー

1960年神戸生まれ。大阪大学大学院工学研究科修了。大手精密機器メーカーにて、経営企画やマーケティングに従事した後、組織改革、企業合併、教育研修、コミュニティ、NPO、地方自治など、多彩な分野でファシリテーション活動を展開。2003年に有志と共に「日本ファシリテーション協会」を設立し、初代会長に就任。研究会や講演活動を通じてファシリテーションの普及・啓発に尽力している。近畿大学非常勤講師。
著書に、『ファシリテーション入門』『ワークショップ入門』(以上、日本経済新聞出版社)、『問題解決ファシリテーター』(東洋経済新報社)、『今すぐできる!ファシリテーション』(PHP研究所)、『チームファシリテーション』(朝日新聞出版)など多数があり、多くは海外でも翻訳・出版されている。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2012年07月18日 (水)  19:00~21:00
受講料(税込) 10,000円
定員 50名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期日:2012年7月18日(水)15:00まで

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



石倉洋子のインタビュー
六本木アートカレッジ
未来自分会議
日本元気塾 卒塾生座談会 公開中