アカデミーヒルズスクール
イベント

東洋経済インタラクティブセミナー
若き映画プロデューサーが語る、面白いストーリーの作り方

~『告白』『悪人』『東のエデン』はこうして生まれた~

BIZセミナー キャリア・人 文化 マーケティング・PR

日時

2011年06月06日 (月)  19:00~21:00
終了しています

内容

今月から新たにスタートする、東洋経済インタラクティブセミナー。各界で活躍するイノベーティブな人物を招き、若手ビジネスパーソン向けに開催するシリーズです。
「ただ講演を聴く」というのではなく、会場との対話、ディスカッション、Q&Aを重視した、双方向性に溢れるセミナーを追求していきます。ぜひ受講者の皆様も積極的にご参加下さい。

『 悪人 』 ©2010「悪人」製作委員会

第1回目は映画界からスピーカーをお迎えします。

昨年、過去最高となる興行収入を記録するなど、好調が続く日本の映画業界。中でも目立っているのが、邦画の躍進です。今回のセミナーは、日本映画界を代表する若手プロデューサーお二人にお話頂きます。

『 告白 』 ©2010「告白」製作委員会
1人目は、東宝プロデューサーの川村元気氏です。デビュー作の『電車男』を皮切りに、ヒット作を連発。昨年プロデュースを手がけた『告白』『悪人』の2作で、第34回日本アカデミー賞で最優秀作品賞など主要賞を総なめにしました。今、アジアで最も注目される若手映画プロデューサーの一人です。現在は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴監督とタッグを組み、日本初の3DCG長編アニメ『friends もののけ島のナキ』のプロデュースを手がけています(12月公開)。

『 friends もののけ島のナキ 』        (2011年12月公開)
 

  
2人目は、プロダクション・アイジーの石井朋彦氏です。スタジオジブリで鈴木敏夫プロデューサーの下、宮崎アニメの制作を担当。プロダクション・アイジー移籍後は、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』や『東のエデン』等をプロデュースしています。3月26日よりプロデュース作の『攻殻機動隊S.A.C.SSS 3D』が大ヒット公開中です。

『 東のエデン 』©東のエデン製作委員会
映画ヒットの裏には、プロデューサーの緻密な戦略、チームをまとめるリーダーシップ、時代のムードや人々が潜在的に求めるものを読み解く先読み力など、多くの要素が必要になります。
次々にヒットを生み出し、映画界の未来を担う2人の若手プロデューサーに、『告白』『悪人』『東のエデン』の誕生秘話とあわせて、面白いストーリーやヒット作を作る秘訣、これからの映画ビジネスの行方、今後創りたい作品などについても、語っていただきます。

『 攻殻機動隊S.A.C.SSS 3D 』(2011年3月26日公開)
【 講義項目 】(予定)
・面白いストーリーを作る秘訣
・『告白』『悪人』ができるまで
・『東のエデン』で伝えたかったこと
・スーパードメスティックのすすめ
・クールジャパンの嘘と真
・これから創りたい作品
※スピーカーより各30分ご講演頂いた後、モデレーターを含め会場の皆様と対話型のQ&Aを行います。

  
【 作品関連情報 】
『悪人』 DVD&Blu-ray /『告白』 DVD&Blu-ray 発売中

モテキ 9月23日公開!
監督:大根仁 出演:森山未來 
http://www.moteki-movie.jp

宇宙兄弟 2012年春公開!
監督:森義隆 脚本:大森美香 出演:小栗旬×岡田将生  

その他補足

本セミナーご参加の方には、東洋経済デジタルコンテンツ・ライブラリー内の『週刊東洋経済』無料閲覧サービスを6ヵ月ご提供します。当日会場にて閲覧パスワードを書面にて配布いたします。
(東洋経済デジタコンテンツ・ライブラリーは、東洋経済新報社の主要雑誌・刊行物をPDFまたはHTMLなどの電子媒体で提供するサービスです。閲覧には簡単な登録が必要です。)

オピニオン

講師紹介

スピーカー
川村元気 (かわむら・げんき)
映画プロデューサー / 小説家

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。
『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『宇宙兄弟』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は、興行収入249億、観客動員数1,900万人を超え記録更新中。世界各国で公開されロサンゼルス映画批評家協会賞 長編アニメーション賞を受賞した。2012年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同作は130万部突破の 大ベストセラーとなり映画化された。2014年には、絵本『ムーム』を発表し、同作は『Dam Keeper』にて米アカデミー賞にノミネートされた、Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化され、現在32の国際映画賞を受賞している。その他の著書として小説『億男』、対話集『仕事。』『理系に学ぶ。』『超企画会議』など。3作目となる最新小説『四月になれば彼女は』を2016年文藝春秋より発売し、12.5万部を超えるベストセラーとなっている。2017年8月、原作『ふうせんいぬティニーなんだかふしぎなきょうりゅうのくに!』が公開。2018年3月『映画ドラえもん のび太の宝島』脚本を担当が発表された。

すべて読む 閉じる

スピーカー
石井朋彦 (いしい・ともひこ)
プロダクション・アイジー プロデューサー

1977年生まれ。1999年、スタジオジブリ入社。鈴木敏夫氏に師事し『千と千尋の神隠し』、『猫の恩返し』、『ハウルの動く城』でプロデューサー補、『ゲド戦記』で制作を担当。
2006年プロダクション・アイジーへ移り、押井守監督『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』、神山健治監督『東のエデン』をプロデュース。
現在、プロデュース作の『攻殻機動隊S.A.C.SSS 3D』が公開中。

すべて読む 閉じる

モデレーター
佐々木紀彦 (ささき・のりひこ)
株式会社ニューズピックス 取締役

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2007年9月より休職し、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。09年7月より復職し、『週刊東洋経済』編集部に所属。『30歳の逆襲』、『非ネイティブの英語術』、『世界VS中国』、『ストーリーで戦略を作ろう』『グローバルエリートを育成せよ』などの特集を担当。2012年11月「東洋経済オンライン」編集長に就任。2014年7月、株式会社ユーザベース「NewsPicks」編集長 執行役員に就任。2015年4月、株式会社ニューズピックス 取締役に就任。著書に、『米国製エリートは本当にすごいのか?』(東洋経済新報社)。2013年7月、メディア業界の今後を論じた『5年後、メディアは稼げるか?』(東洋経済新報社)を出版。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2011年06月06日 (月)  19:00~21:00
受講料(税込) 5,000円
定員 120名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
協力
  • 東洋経済新報社
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。

※お申込期日:2011年6月6日(月)15:00まで

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



Friday Night
66 BOOK CLUB
六本木アートカレッジ
石倉洋子のインタビュー