アカデミーヒルズスクール
イベント

ノーベル化学賞受賞者・根岸英一教授 特別セミナー

夢を追い、世界に出る ~サイエンス発見の喜び~

アカデミーヒルズセミナー 政治・経済・国際 キャリア・人 教養

日時

2011年03月11日 (金)  19:00~21:00

※東北地方太平洋沖地震の影響により、開催を中止いたしました。

終了しています

内容

ノーベル賞受賞の連絡を受ける根岸教授
昨年、根岸英一・米パデュー大学特別教授と鈴木章・北海道大学教授名誉教授がノーベル化学賞を受賞したニュースは、日本の化学技術の底力を示す好例として全国を沸かせました。

根岸教授と鈴木教授が編み出した「クロスカップリング反応」は、私たちの暮らしに欠かせない薄型テレビの液晶素材や医薬品の開発などの幅広い分野で活用されており、様々な工業製品を支える基礎技術として多くの企業・人がその恩恵を受けています。

ノーベル賞受賞発表後の記者会見の様子
今回アカデミーヒルズのセミナーでお迎えする根岸教授は、ノーベル賞を受賞する難しさを「1000万分の1」という確率で表現します。その数字を見て、途方に暮れて到底無理だと思うか、何とかチャレンジできると思うか---。

大半の方は無理だと諦めるところを、同氏は「10分の1の関門を7回パスすればいい」と現実的、かつ楽観的に捉えることで挑戦する道を選びます。

そして研究者としてのキャリアを歩んでいく中で、新しい分野を自分で模索する楽しさを胸に地道に活動を続けることで着実に確率を狭めていき、遂にはその夢を実現するに至るのです。

しかし、根岸教授の挑戦はノーベル賞を受賞した後もさらに続きます。それが国内の研究者らとともに温暖化ガスの一つである二酸化炭素(CO2)を使って新しい化合物を作り出す「人工光合成」の実現を目指す研究です。

ノーベル賞受賞発表後にパデュー大学で講義する根岸教授
本セミナーでは、年始に放送されたNHKスペシャル「2011ニッポンの生きる道」で根岸教授と番組で共演した米倉誠一郎・一橋大学イノベーション研究センター長のモデレートの下、日本でも研究者として活躍し、その後、米国に拠点を移した根岸教授にノーベル賞を受賞するまでの道筋と今後の活動について、そして日本の化学や理学の可能性について伺います。

人生の大半を米国で過ごしてきた根岸教授が、これから国内で実現しようとしていることとは?
「人工光合成」の実現で世界はどのように変わるのか?
今後、日本が向かっていく道とは?そして若者に期待することとは?

根岸教授のこれまでの研究者としてのキャリアと、これからの夢に迫ります。

写真提供/ © Purdue University

講師紹介

講師
根岸英一 (ねぎし・えいいち)
米パデュー大学特別教授/2010年ノーベル化学賞受賞者

1935年 中国吉林省長春 生まれ。
1958年 東京大学工学部卒業後、帝人株式会社入社。
1960年 米ペンシルバニア大学に留学し、留学中に師となる米パデュー大学のハーバート・ブラウン教授に出会う。
1963年 米ペンシルバニア大学で博士号取得。
1966年 帝人株式会社を退職し、米パデュー大学博士研究員となる。
1972年 米シラキュース大学において金属を触媒に活用する化学反応の研究を開始。その後、「クロスカップリング反応」の化学合成法を研究し、パラジウムを使ったクロスカップリング反応を完成させる。
1979年 米パデュー大学教授に就任。
2010年 「クロスカップリング反応」の研究成果が評価され、ノーベル化学賞を受賞。

これまでに、400以上の研究論文を発表し、数多くの化学関連の賞を受賞している。

写真提供/ © Purdue University

すべて読む 閉じる

モデレーター
米倉誠一郎 (よねくら・せいいちろう)
日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター名誉教授

アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。
一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。2012年〜2014年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。
現在、法政大学、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長をも務める。また、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。
イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。
著書は、「イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応」(東洋経済新報社)、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2011年03月11日 (金)  19:00~21:00

※東北地方太平洋沖地震の影響により、開催を中止いたしました。

受講料(税込) 3,000円
定員 500名

注意事項

複数名で一緒にご参加いただく場合にも、一括でお申込を頂くことはできません。お一人様ずつWEB上のお申込みフォームよりご登録いただくことにより、お席を確保させて頂いております。
お手数をおかけして恐縮ではございますが、参加されるご本人にお申込いただくか、又は代理でご参加者の情報をご登録下さいますようお願い申し上げます。
尚、その際にメールアドレスがお客様IDとなりますので、同一のアドレスはご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ40(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー40階)

※都合により49階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。

お支払い方法

クレジットカードによるお支払いのみです。
※お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
※クレジットカードはVISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、DINERSのみのお取扱となります。
※お支払方法は「一回払い」のみとなります。(「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません)

【その他】
※領収証をご希望の方は、「申込画面」内の<請求書・領収証発行>欄でラジオボタンの「WEB上で発行する」をお選び下さい。
「WEB上で発行する」をお選びいただきますと申込完了後に、領収証のダウンロード画面が表示されます。ダウンロード画面を一旦閉じると再度ダウンロード画面に戻ることが出来ませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



Friday Night
66 BOOK CLUB
六本木アートカレッジ
石倉洋子のインタビュー