アカデミーヒルズスクール
イベント

特別セミナー
「“一人ひとりが世界を変える”方法がここにある」
Room to Read CEO、ジョン・ウッド氏をお招きして

BIZセミナー その他

日時

2008年12月04日 (木)  13:30〜15:00
終了しています

内容

『マイクロソフトでは出会えなかった天職(原題:Leaving Microsoft To Change the World)』の著者、ソーシャルアントレプレナーのジョン・ウッド氏による特別セミナーです。

マイクロソフトのエグゼクティブであった氏が、非営利団体ルーム・トゥ・リード(Room to Read)を設立したのは8年前。「貧困の連鎖を断ち切り世界を変えるためには子供の教育から」をミッションに、その活動は子供達に本を寄贈することから始まり、ネパール、スリランカ、ベトナム、カンボジア、ラオス、インド、南アフリカ、ザンビアなど8カ国で学校や図書館など初等教育施設を建設、また児童への奨学金の提供などです。

そして、ルーム・トゥ・リードの活動で最も注目されているのは、氏のビジョンとそれを実現するため戦略的に練られたビジネスモデルです。ルーム・トゥ・リードの世界主要都市34カ所にあるチャプターはボランティアで支えられ、また途上国でのプログラム実施に掛るコストは徹底的に抑えられています。一方で、先進国では積極的に事業を売り込み、寄付を集め、その成果や進捗を具体的な数字でタイムリーにかつ頻繁に報告しています。また、プログラムの永続性を計るため、援助を受ける側にも一部の負担を課しているなど、こうした取り組みがNPOの経済的な自立を実現しているのです。

本セミナーでは、「一人でも多くの子供の人生を変え、世界を変える」ルーム・トゥ・リードの活動をご紹介いただくとともに、氏のビジョン、ビジネスモデル、今後の展開などソーシャルアントレプレナーとして自身のお考えをお聞きしたいと思います。

(ジョン・ウッド氏スピーチ30分、質疑60分)

※遂次訳を予定しています。

オピニオン

講師紹介

スピーカー
John Wood (ジョン・ウッド)
ルーム・トゥ・リード 創設者 兼 共同理事長

ケロッグ経営大学院にてMBAを取得後、1991年にマイクロソフトに入社。
35歳のときにエグゼクティブの地位を去り、子どもの教育によって貧困の連鎖を断ち切るため、ルーム・トゥ・リードを設立。
2011年末までに、アジア・アフリカ10カ国において600万人の子どもたちに教育機会を提供している。
クリントン・グローバル・イニシアティブにて3度講演、アメリカの経済紙 ファストカンパニー誌にて社会起業家賞を5回受賞。「40歳までに勇敢かつ大胆な成果を出した20人」としてタイムズ誌のアジア・ヒーローズ・アワード、世界経済フォーラムにおいて「ヤング・グローバル・リーダー」に選出。2010年には、バロン紙の発表した「25 Best Givers」において9位に選出されるなど、数々の賞を受賞している。

すべて読む 閉じる

モデレーター
米倉誠一郎 (よねくら・せいいちろう)
日本元気塾塾長/法政大学イノベーション・マネジメント研究科教授/
一橋大学イノベーション研究センター名誉教授

アーク都市塾塾長を経て、2009年より日本元気塾塾長。
一橋大学社会学部、経済学部卒業。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。2012年〜2014年はプレトリア大学GIBS日本研究センター所長を兼務。
現在、法政大学、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長をも務める。また、2001年より『一橋ビジネスレビュー』編集委員長を兼任している。
イノベーションを核とした企業の経営戦略と発展プロセス、組織の史的研究を専門とし、多くの経営者から熱い支持を受けている。
著書は、「イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応」(東洋経済新報社)、『創発的破壊 未来をつくるイノベーション』、『脱カリスマ時代のリーダー論』、『経営革命の構造』など多数

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2008年12月04日 (木)  13:30〜15:00
受講料 無料
定員 130名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。


Friday Night
宇宙を感じる1dayカレッジ
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB