アカデミーヒルズスクール
イベント

生命観を問い直す

BIZセミナー その他

日時

2008年11月21日 (金)  19:00〜21:00
終了しています

内容

現在、私たちの周りには生命操作を巡る様々な議論があります。遺伝子組み換え、クローン技術、ES細胞、臓器移植・・。これらを可能とする先端技術の通奏低音には、「生命とはミクロな部品が集まってできたプラモデルである」という見方、すなわち機械論的生命観があります。
しかし、本当に生命とはプラモデルのような置き換え可能な部品によって構成されているのでしょうか。

本セミナーでは、分子生物学者・福岡伸一氏を講師に迎え、サントリー学芸賞受賞作『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)で考察されている生命のあり方を手がかりにお話しいただきます。科学者ルドルフ・シェーンハイマーが最初に示した「生命は『動的な平衡状態』にある」という「動的平衡」論をもとに、生命観を問い直します。
また近著『できそこないの男たち』(光文社新書)に示された、生物としての男と女の関係についても触れていただく予定です。

オピニオン

講師紹介

講師
福岡伸一 (ふくおか・しんいち)
分子生物学者/青山学院大学 理工学部 化学・生命科学科 教授

1959年東京生まれ。京都大学農学部卒。米国ロックフェラー大学およびハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授を経て、青山学院大学理工学部 化学・生命科学科教授。専門分野で論文を発表するかたわら一般向け著作・翻訳も手がける。

著書に、『もう牛を食べても安心か』(文春新書、科学ジャーナリスト賞)、『プリオン説はほんとうか?』(講談社ブルーバックス、講談社出版文化賞)、『ロハスの思考』(ソトコト新書)、『生命と食』(岩波ブックレット)、翻訳にノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイ氏の自伝『モッタイナイで地球は緑になる』、築地市場の全貌を明らかにした『築地』(ともに木楽舎)など。

『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)は、科学書では異例の60万部を超えるベストセラーとなり、07年度サントリー学芸賞を受賞。男女の本当の関係を生物学の視点から考察した近著『できそこないの男たち』(光文社新書)も話題。

2009年2月17日には、生命の成り立ちとふるまいについて改めて考察した最新刊『動的平衡』(木楽舍)が発売される。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2008年11月21日 (金)  19:00〜21:00
受講料(税込) 3,000円
定員 150名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。


Friday Night
66 BOOK CLUB
六本木アートカレッジ
石倉洋子のインタビュー