アカデミーヒルズスクール
イベント

速習・PR実践講座
~PR活動の基礎を学び、実践力を身につける~

日時

2006年11月12日 (日)  10:00~18:00

※当講座は連続ではありません。毎月1回同じ内容での開催です。
※2006年4月から毎月開催

終了しています

内容

「広報は経営」であり、広報の仕事は経営における第一級の機会です。ドラッカーも訓えるように、これからの広報には卓越した才能をもつ第一級の人材が登用される必要があります。
昨年4月には「個人情報保護法」が施行されましたが、頻発する情報漏洩事件も重なり、取り扱う情報の大切さを改めて痛感させられます。企業の社会的責任(CSR)やコンプライアンス意識の向上が叫ばれ、さらには経営戦略の多様化・グローバル化に伴って、今ほど広報の重要性が叫ばれている時代はありません。
本講座では、PR活動の基本実務を演習を通して身につけるとともに、「PR」という業務固有の知識や心得について学びます。PR担当者であれば必ず求められるプレスリリースの作成、メディア・コミュニケーションのノウハウを短時間に身につけることができる実践講座です。

カリキュラム

1. 「広報の本質とメディアとの関係を理解する」
・広報の本質とは
・広報と広告、宣伝の違い
・記事ができるプロセス
・社内のどんな情報がニュースになるのか
・メディアに記事を掲載する

2. 演習「実践・プレスリリース作成」
・プレスリリース・Q&A作成の秘訣
・プレスリリース作成の実践演習
・講評

3. 「戦略的PRの心得」
・面談アレンジ・立会い・フォローの心得
・記者とのコミュニケーションのノウハウ
・情報漏洩、事件事故への基本対応
・他社の記事を読みこなすコツ

4. 演習「実践・メディア・コミュニケーション」
・インタビュー、記者発表におけるコミュニケーション演習
・スクープ記事への対応演習

5. まとめと質疑
「広報の達人になるために」

講師紹介

山見博康

講師
山見博康 (やまみ・ひろやす)
山見インテグレーター株式会社 代表取締役、バリュー・インテグレーター

1945年福岡県飯塚市生まれ。68年九州大学経済学部卒業、同年(株)神戸製鋼所入社。人事部、鉄鋼事業部、カタール駐在を経て、79年より一貫して広報に携わる。豪州駐在の後91年広報部長。94年ドイツ・デュッセルドルフ事務所長を経て、97年スーパカー商業化ベンチャー企業および経営コンサルティング会社に出向。多くの中堅中小・ベンチャー企業経営者にPR支援を行い、02年独立。米国ダートマス大学エイモスタック経営大学院マネジメントプログラム修了。日本PR協会会員、日本広報学会会員、危機管理システム研究学会会員他。著書『会社をマスコミに売り込む法』(ダイヤモンド社2002年)『広報の達人になる法』(ダイヤモンド社2005年)『絵解き広報活動のすべて』(PHP研究所2005年)大小企業を初め、JA・県庁など諸団体における講師多数。

すべて読む 閉じる

開催実績

山見博康 (山見インテグレーター株式会社 代表取締役、バリュー・インテグレーター)
開催日 :  2007/03/25 (日)

募集要項

日時 2006年11月12日 (日)  10:00~18:00

※当講座は連続ではありません。毎月1回同じ内容での開催です。
※2006年4月から毎月開催

受講料 38,000円

※昼食代を含みます


主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49 (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。


Friday Night
宇宙を感じる1dayカレッジ
六本木アートカレッジ
66 BOOK CLUB