アカデミーヒルズスクール
イベント

伊藤元重教授に聞く、日本経済の現状と課題
「オープンでイノベーティブな」社会を目指す、新政権の経済成長戦略を説く

日時

2006年12月08日 (金)  19:00~21:00
終了しています

内容

経済成長戦略、税財政、教育再生、社会保障、北朝鮮問題、憲法改正といった課題を前に、先ごろ内閣府に発足した「教育再生会議」「イノベーション25戦略会議」「アジアゲートウェイ構想の有識者会議」や政府税制調査会メンバーの刷新から安倍政権の本格的な始動が伺えます。
本セミナーでは、改革の根幹をなす日本経済の成長戦略をテーマに、アジアゲートウェイ構想会議の座長また政府税調のメンバーに加わった伊藤元重教授が日本経済の現状と課題を解説します。

経済や社会の解放が日本経済の活性化の重要な鍵であり、それなしにイノベーションも起きないと語る伊藤教授。グローバル戦略を掲げ、東アジア諸国との連携および日本の国内総生産(GDP)の8割を構成する非製造業において農業、医療、福祉、教育といった分野への市場メカニズムの導入が鍵と言います。私たちが直面している日本経済の現状を改めて認識し、経済成長政策の具体策について伊藤教授から最新の取り組みをお聞きします。

講師紹介

伊藤元重 (いとう・もとしげ)
東京大学大学院経済学研究科教授

1951年生まれ。
東京大学経済学部卒業。ロチェスター大学Ph.D。専門は国際経済学。特定非営利活動法人金融知力普及協会理事長(現)。政策分析ネットワーク代表(現)。総合研究開発機構理事長(現)。小渕内閣「経済戦略会議」、森内閣「IT戦略会議」で委員を務める。いわゆる「アームチェア・エコノミスト」ではなく、ビジネスの現場を歩き、生きた経済を理論的観点を踏まえて鋭く解き明かす、いわば「ウォーキング・エコノミスト」として知られる。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーターなどメディアでも活躍中。

主な著書
『ゼミナール国際経済入門』(日本経済新聞社)
『デジタルな経済』(日本経済新聞社)
『経済学的に考える。』(日本経済新聞社)
『吉野家の経済学』(安部修仁氏と共著、日経ビジネス人文庫)
『グローバル経済の本質』(ダイヤモンド社)
『ビジネス・エコノミクス』(日本経済新聞社)
『伊藤元重の経済がわかる研究室』(日本経済新聞社)
『成熟市場の成功法則 12人の経営者が語る「勝利の方程式」』(PHP研究所)
『伊藤元重のマーケティング・エコノミクス』(日本経済新聞社)他多数。

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2006年12月08日 (金)  19:00~21:00
受講料(税込) 5,000円
定員 150名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。


Friday Night
66 BOOK CLUB
六本木アートカレッジ
石倉洋子のインタビュー