アカデミーヒルズスクール
イベント

表参道ヒルズ最前線
【建築・デザイン編】
表参道ヒルズ 建築の舞台裏
~デザインと安全性を両立する商業空間実現の取り組み~

日時

2006年11月08日 (水)  15:00~17:00
終了しています

内容

安藤忠雄氏が設計した表参道ヒルズは、ケヤキ並木と調和した高さとそのデザインから表参道の新たなランドマークとして認識され、オープンから650万人を超える人々が訪れています。
中でも、特徴的なのは、来館者たちが回遊する地上3層、地下3層からなる6層の吹き抜けの連続空間と表参道の全長と同じ700mに及ぶ独創的なスパイラルスロープの試みです。

この計画を実現するにあたり、最も重要な役割を担ったのは、実は防災計画と避難計画です。来館者が回遊するスパイラルスロープの連続性、各テナントのイメージを伝えることのできる視認性、そして安藤氏によるデザインを保つため、竪穴区画に関する規定の適用除外をはかり全館避難安全検証を用い、防火シャッターのないシンプルな空間を実現しました。
また、表参道のケヤキ並木と調和する景観を確保するための地下利用の工夫や吹き抜け空間を始め、来館者の行動などを予想して講じた安全対策など、様々な工夫が建築・構造・防災面から盛り込まれました。

建築家 安藤忠雄氏による空間の魅力を最大限に発揮させながらも、そこに集う人々が安心し、安全に楽しむ商業空間を両立させ、事業者、建築家、実施設計者等の間でプロジェクト実現を背後で支えた担当者からお話を伺います。

主な内容
・スパイラルスロープ実現の設計上の工夫
・吹き抜け空間を実現した全館避難安全検証の考え方
・地下利用~表参道の景観を守る見えない工夫
  -掘削工事と地下鉄軌道・地下水対策
・安全対策の再考-これからの安全対策とは

講師紹介

講師
桐原啓司 (きりはら・けいじ)
株式会社入江三宅設計事務所 計画・設計部 次長

1987年4月 入江三宅設計事務所入社。
城山ヒルズ、スウェーデン大使館などの設計に係わる。
1997年9月 愛宕グリーンヒルズ、2001年11月 表参道ヒルズ。
それぞれ設計・監理を担当。

すべて読む 閉じる

小美野聡

講師
小美野聡 (おみの・さとし)
森ビル(株) 都市開発事業本部 設計1部 課長

1986年4月 森ビル(株) 入社
同年12月 建築設計部
1994年10月 海外事業部
1998年9月 企画開発本部 青海プロジェクトチーム(Venus Fort)
2000年3月 六六事業推進本部 設計調整
2003年8月 都市開発事業本部設計1部 現在に至る。

主要担当物件:赤坂ツインタワー新館/六本木ファーストビル・プラザ/上海森茂国際大厦(現HSBCタワー)/Venus Fort特殊内装工事/六本木Hills劇場棟・商業エリア全体調整・環境演出/表参道Hills(監理)他

すべて読む 閉じる

講座趣旨

日本を代表する国際的ファッションストリートである表参道。日本初耐震耐火の集合住宅のひとつとして誕生した同潤会青山アパートは、長らく表参道の街並みとし親しまれてきました。その同潤会青山アパートを再開発事業として建替えを行い、2006年2月11日、表参道ヒルズが表参道の新たなランドマークとしてオープンいたしました。
本講座では、表参道ヒルズの再開発手法、資金調達、店舗構成、建築・デザイン、店舗構成戦略、タウンマネジメントの観点から、その舞台裏をご紹介いたします。プロジェクトに携わった実務担当者の具体的な取り組み、試行錯誤の様子や成功の鍵など開発を振り返ります。
スピーカーとのインタラクティブな対話を通して、新たなプロジェクトや課題解決のヒントに役立てていただければ幸いです。


開催実績

伊東保典 (アトモスファー「空間演出家」ビジュアルディレクション&ライティングデザイン/有限会社アイズ・コンプレックス代表)
荒川信雄 ((森ビル(株)PM本部商業施設事業部 表参道ヒルズ運営室/表参道ヒルズ館長)
森ビル株式会社表参道ヒルズ館長。)
開催日 :  2006/12/14 (木)

緒方美也子 (森ビル(株)PM本部商業施設事業部 表参道ヒルズ運営室 プロモーショングループ)
北川弘美 (森ビル(株) 広報室 兼 表参道ヒルズ 運営室 プロモーショングループ)
国友千鶴 (株式会社オズマピーアール 第2ディレクションユニット4部 部長)
開催日 :  2006/12/07 (木)

荒川信雄 ((森ビル(株)PM本部商業施設事業部 表参道ヒルズ運営室/表参道ヒルズ館長)
森ビル株式会社表参道ヒルズ館長。)
開催日 :  2006/11/21 (火)

吉田誠 (森ビル株式会社 PM本部商業施設事業部表参道ヒルズ運営室
表参道ヒルズ 副館長)
開催日 :  2006/10/17 (火)

募集要項

日時 2006年11月08日 (水)  15:00~17:00
受講料(税込) 29,800円
定員 50名

※定員になり次第締め切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ49(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※都合により40階に変更する場合、受講生には直接ご案内いたします。


Friday Night
66 BOOK CLUB
六本木アートカレッジ
石倉洋子のインタビュー