アカデミーヒルズスクール
イベント

みんなで語ろうフライデーナイトvol.11

水野祐さんと「企業における『イノベーション vs 前例至上主義』」を考える

日時

2019年05月31日 (金)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※終了時刻は多少前後することがございます。


内容

水野祐さんと「企業における『イノベーション vs 前例至上主義』」を考える


スピーカーと参加者が少人数でフラットに一体となって知恵を深めていくミーティング「みんなで語ろうフライデーナイト」。

情報過多と言われる時代。私たちは溢れる情報に追われて眺めるだけで、「自分の頭でしっかり考え、そこから生まれた自分の意見を人に伝えていく」時間を持てずにいます。しかし、誰もが発信者になれる今の時代だからこそ、インプットを自分の中で咀嚼し、自分なりの考えをアウトプットとして出していくことが必要です。

今回のファシリテーターは、水野祐さん(弁護士/シティライツ法律事務所)。

テーマは「企業における『イノベーション vs 前例至上主義』を考える」です。
新たなサービスや商品の開発プロセスにおいて、「前例がない」「リスクが高い」などと言ってストップすることが多くありませんか?
どうすれば、組織を説得し、イノベーションを加速することができるのか?
法律面から企業のイノベーションを支援する水野祐さんとともに、議論したいと思います。

本セッションでは、全員のアウトプットがそれぞれのインプットとなって連鎖し、議論を深めていくことを目指します。
事前にWEBインタビューをお読みいただいた上で、参加頂けるセッションです。

お申し込みの際、インタビュー記事への感想等をご記入頂きますのでご協力の程、お願い致します。

■「水野祐さんのインタビュー記事はこちら

※お申込み多数の場合、インタビュー記事への感想をもとに選考させて頂く場合がございます。
※受講料のお支払いは、参加者へご登録いただいたメールアドレスへお支払い方法をご連絡致します。


参加者が一体となって議論を作っていくイベントで、じっくり考えを深めませんか?

■こちらからご応募ください■
下記よりお申込ください<締切:5月20日(月)正午まで>

お申込フォーム


講師紹介

ファシリテーター
水野祐 (みずの・たすく)
弁護士(東京弁護士会)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。東京大学大学院人文社会系研究科・慶應義塾大学SFC非常勤講師、同SFC研究所上席所員(リーガルデザイン・ラボ)。

弁護士(東京弁護士会)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。東京大学大学院人文社会系研究科・慶應義塾大学SFC非常勤講師、同SFC研究所上席所員(リーガルデザイン・ラボ)。グッドデザイン賞審査員。IT、クリエイティブ、まちづくり分野のスタートアップや大企業の新規事業、経営企画等に対するハンズオンのリーガルサービスや先端・戦略法務に従事。行政や自治体の委員、アドバイザー等も務めている。著作に『法のデザイン −創造性とイノベーションは法によって加速する』、共著に『オープンデザイン参加と共創から生まれる「つくりかたの未来」』など。Twitter : @TasukuMizuno

すべて読む 閉じる

募集要項

日時 2019年05月31日 (金)  19:00~20:30

※受付開始は18:30頃を予定しております。
※終了時刻は多少前後することがございます。

受講料(税込) 5,000円

※お申込み多数の場合、インタビュー記事への感想をもとに選考させて頂く場合がございます。 ※受講料のお支払いは、参加者へご登録いただいたメールアドレスへお支払い方法をご連絡致します。


定員 15名

※定員になり次第締切らせていただきます

主催
  • アカデミーヒルズ
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

※お申込期限:2019年5月17日(金)12:00まで


石倉洋子のインタビュー
六本木アートカレッジ
未来自分会議
日本元気塾 卒塾生座談会 公開中