アカデミーヒルズスクール
イベント

アーツ・ファンタジア×アカデミーヒルズ
情熱を言語化することが人の心を動かす

~伝わる!つながる!音楽と物語が育む「人をつなげる力」~

教養 キャリア・人

日時

2019年02月13日 (水)  19:00~20:30

※受付開始は18時30分頃を予定しています。

終了しています

内容

 「自分のパッションを人に伝えることで、想いに共感する人が集まり、形になった。」

起業家のインタビューでよく目にする言葉だと思われるかもしれません。しかし、これは起業家だけではなく、これからの時代に誰にでも必要とされる力になります。

人生100年時代を迎え、働き方が多様化していく日本では、組織を超えて想いを共有する個人の力が集まって物事を動かす機会が増えると言われています。テクノロジーが進展し、誰もが発信者になれる時代には、自分の考えや想いを伝えなくては何も進まないのです。

また、益々グローバル化が進むビジネスの現場でも、海外のビジネスパートナーの心を動かすプレゼンができるかどうかで取引成立の可否が決まります。

「音楽と物語」を起点に、働き方や生き方、そして不確実なグローバル化の進む世界での指針を考えるセミナーシリーズ第3回は、「伝える・つながる力」の育成で大きな実績を持つ(社)アルバ・エデュ代表理事で (株)アルバ・ パートナーズ代表取締役の竹内明日香氏をお迎えし、自分の想いを言語化することで「伝える力」を身につけることについて考えます。

今回のゲストの竹内氏は、日本企業の海外事業をサポートする中で、製品やサービスは素晴らしいのに海外で認められないことが多いのは、「伝える力」が弱いことに理由があると気づきました。日本人の問題は語学力の低さにあるのではなく、重要なポイントを的確に伝えられないところにあるのです。

日本人に最も欠けている「伝える力」=「プレゼン力」は早期からの教育が必要だと考えた竹内氏は、社会人向けの企業研修だけではなく、小学生〜大学生、更にアスリートまで、幅広い層を対象に出前授業やワークショップなどを精力的に展開しています。

「日頃から深く物事を考え、自分の意見をきちんと言語化した "引き出し" を多く持つこと、そして、自分ならではの強い想いや "好き" を伝える力を身につけることで、人と本当の意味でつながることができ、ビジネスチャンスも格段に広がる」と竹内氏は言います。

もう1人のゲストとして、いま日本でも注目を集める世界的なピアニスト・作曲家である平井元喜氏(アーツ・ファンタジア代表理事)をお迎えし、人をつなげていく上で音楽と物語が果たす役割について語っていただきます。モデレーターはセミナーの企画者でもある、戦略コンサルティングファームのパートナーの唐木明子氏(同理事)が務めます。

本セミナーでは、今なぜ「伝える・つながる」ことが大事なのかを議論したのちに、「音楽とストーリー」からヒントを得た効果的な伝え方を実際に参加者にも挑戦していただくことで、理解を深めます。インタラクティブなセッションで受講者の皆さんのアウトプットを通じて、明日から「自分らしく人とつながる」ために実践していけるようになることを目指します。

「内容が良ければ、黙っていても皆に分かってもらえる」「空気を読んで控えめにしていれば評価される」という意識を変え、あなたも自分の意見を深め、情熱を言語化することで自分の人生を変えていきませんか?


講師紹介

ゲストスピーカー
竹内明日香 (たけうち・あすか)
一般社団法人アルバ・エデュ 代表理事
株式会社アルバ・パートナーズ 代表取締役

日本興業銀行(現みずほ銀行)にて国際営業や審査等に従事後、2007年に独立し海外向けに日系企業の情報提供を開始。2009年に(株)アルバ・パートナーズを設立、国内企業の海外事業や情報発信(企業プレゼン等)の支援を提供して今日に至る。
2014年、子どもたち・若者たちの「話すちから」の向上を目指す(社)アルバ・エデュを設立。法人向けに培ったメソッドを応用し、ワークショップや出前授業、セミナーなどを展開。
都市文化振興財団理事。日本商工倶楽部事業委員。文京区立関口台町小学校元PTA会長。音羽の森オーケストラ「ポコアポコ」主宰。日本証券アナリスト協会検定会員。小学校低学年までニュージーランド在住。二男一女の母。東京大学法学部卒業。

すべて読む 閉じる

ゲストスピーカー
平井元喜 (ひらい・もとき)
社団法人アーツ・ファンタジア代表理事

コンサート・ピアニスト、作曲家。桐朋高校、慶応義塾大学文学部哲学科を経て、99年英王立音楽院大学院ピアノ科卒。NYカーネギー・ホール公演など世界60カ国以上を演奏旅行。サー・ジャック・ライオンズ音楽賞受賞。「最も輝かしく感受性豊かな楽才」(英ガーディアン紙)と評される。音楽を通じて、異文化交流事業や平和・教育・健康・環境問題にも取り組む「旅する音楽家」。96年よりロンドン在住。

すべて読む 閉じる

モデレーター
唐木明子 (からき・あきこ)
PwCコンサルティング戦略コンサルティング部門(Strategy&)パートナー

東京大学法学部、コロンビア大学ロースクール卒。現在英国出向中。戦略コンサルティングにおいて新しい課題をチームで解決すること、風通しの良い「場」を作ることにこだわりをもつ。消費財、小売り企業のグローバル展開、デジタル改革、アナリティクス活用、新規分野創出などのトランスフォーメーションなどを多く手掛ける。

すべて読む 閉じる

講座趣旨

アーツ・ファンタジアの活動は、ピアニストの平井元喜氏が2007年に立ち上げた国際文化交流プログラム「音楽と民話で世界を結ぶ」(演奏と朗読のコラボ)から始まりました。現在は作曲家、俳優、キャスター、戦略コンサル等の多彩な経験を持つメンバーが集い、世界20カ国以上で異文化交流のプロジェクトを推進しています。

プロジェクトの特徴は、感性に直接訴える「音楽」と多様な価値観を内包しつつ普遍的な教訓や叡智を伝える世界各地の「民話」をはじめとする物語を組み合わせ、「感性と理性」の両面から文化の相互理解を促すところにあります。その活動は、我々の日々の生活においても考え方や行動に影響を及ぼし、幸せな未来や平和の実現につながるプロジェクトとして高く評価されています。

人工知能や機械に人間の仕事が置き換えられる、と言われる大変革の時代に、これからのビジネスパーソンは自分自身の直感、意欲や感性をベースに考え、行動し、生き抜いていかなければなりません。

<音楽と物語で世界をつなぐ>シリーズは、そのような問題意識の下に(社)アーツ・ファンタジアとアカデミーヒルズがビジネスプロフェッショナルを対象に、「音楽と物語」を起点にした働き方や生き方、そしてグローバル化の進む不確実な世界での指針のあり方を考える3回シリーズの講座として企画しました。


募集要項

日時 2019年02月13日 (水)  19:00~20:30

※受付開始は18時30分頃を予定しています。

受講料(税込) 3,500円
定員 80名

※定員になり次第締め切らせて頂きます。

主催
  • アカデミーヒルズ

協力
  • (社)アーツ・ファンタジア
会場 アカデミーヒルズ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階) 

※お申込期日:2019年2月13日(水)15:00まで

お支払い方法

お申込・お支払い方法
・イベントレジストのシステムを使用しています。(※イベントレジストをはじめてご利用になる方は、最初に会員登録が必要です。)
・お支払方法は、クレジットカード、PayPal、コンビニ・ATM払いがあります。
(※コンビニ・ATM払いは、開催日の5日前までご利用いただけます。)
・お申込み後のキャンセル及び返金は承っておりません。
・領収証をご希望の方は、お申込完了後、イベントレジストの「マイチケット」ページ内<領収証データ> ボタンをクリックして下さい。領収証データが表示されます。

【その他】
・円滑な進行のためにいただいた情報を講師の方々に提供させていただきます。

お問い合わせ先

アカデミーヒルズ スクール事務局
受付時間:10:00-18:30 (土・日・祝・年末年始を除く)                 
※お電話及びメールでの講座お申込は受け付けておりませんのでご了承ください。

電話番号 : 
03-6406-6200
サイトURL : 
お問合せ



石倉洋子のインタビュー
六本木アートカレッジ
未来自分会議
日本元気塾 卒塾生座談会 公開中