六本木アートカレッジ
イベント

六本木アートカレッジ
アイディアが生まれるとき ~考え抜く力~

【エンディングトーク】

日時

2015年11月23日 (月)  17:10~18:10 (開場 16:50)
終了しています

内容

 社会現象にまでなった映画『電車男』で2005年に映画プロデューサーとしてデビューした川村元気氏。その後も『告白』、『悪人』、『モテキ』、『寄生獣』などのヒット映画を製作し、今年の10月には新作『バクマン。』が公開されました。
 また、映画に加えて2012年には作家としてのデビュー。初小説『世界から猫が消えたなら』は80万部を超えるベストセラーとなります。そして映画、小説に加えて、2013年には絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を共著で上梓。この絵本はNHKでアニメ化され現在放映中です。
 様々な分野でヒットを量産する川村氏の思考プロセスとはどのようなものなのでしょうか?アイディアが絶えることはないのでしょうか?そして、次から次へと新しいジャンルに進出していく原動力とは?

 この度のエンディングトークでは、独自の視点で情報を発信しているジャーナリストの津田大介氏にモデレーターを務めていただき、川村氏のクリエイティビティの源泉に迫っていただきます。



講師紹介

スピーカー
川村元気 (かわむら・げんき)
映画プロデューサー / 小説家

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。
『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『宇宙兄弟』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は、興行収入249億、観客動員数1,900万人を超え記録更新中。世界各国で公開されロサンゼルス映画批評家協会賞 長編アニメーション賞を受賞した。2012年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同作は130万部突破の 大ベストセラーとなり映画化された。2014年には、絵本『ムーム』を発表し、同作は『Dam Keeper』にて米アカデミー賞にノミネートされた、Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化され、現在32の国際映画賞を受賞している。その他の著書として小説『億男』、対話集『仕事。』『理系に学ぶ。』『超企画会議』など。3作目となる最新小説『四月になれば彼女は』を2016年文藝春秋より発売し、12.5万部を超えるベストセラーとなっている。2017年8月、原作『ふうせんいぬティニーなんだかふしぎなきょうりゅうのくに!』が公開。2018年3月『映画ドラえもん のび太の宝島』脚本を担当が発表された。

すべて読む 閉じる

モデレーター
津田大介 (つだ・だいすけ)
ジャーナリスト/メディア・アクティビスト

ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ポリタス編集長。1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。早稲田大学文学学術院教授。テレ朝チャンネル2「津田大介 日本にプラス+」キャスター。J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザー。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。
メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門分野として執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。
主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)、『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中。

すべて読む 閉じる


六本木アートカレッジのFacebook
六本木アートカレッジ2012 Video Report