会員制ライブラリー

ふらっと立ち寄り!気軽に会話を楽しむ!
ライブラリーメンバー限定「リモート雑談」のご紹介

更新日 : 2020年10月09日 (金)

人との関わり方を大きく変えてしまった新型コロナウイルス。
家族や友達、職場の同僚、身近な人と気軽に会えなくなるなんて、誰が想像していたでしょうか?普段 あまり意識をしていなかった人との関わりが、実はとても大事で必要であることを改めて実感している方も多いはずです。

今だからこそメンバー同士が気軽に交流できる場、息抜きが出来る場を作れないだろうか、そんな思いから私達はオンラインでの交流会「リモート雑談」を企画しました。


タイトルのとおり、ふらっと立ち寄り気軽に会話を楽しむ中で、抱えている不安や、生活環境の変化への戸惑いを言葉で共有。このちょっとした時間が、仕事や勉強に向かう気持ちの切り替えになるのではという思いで、1回45分の短い時間で、1日2回(昼の部、夜の部)開催しています。

事務局からもスタッフが数名参加していますが、私自身は普段メンバーの皆さんと直接話をすることが少なかったこともあり、とても新鮮で楽しく、改めてライブラリーは多様な個人の集まりの場であることを実感しています。

リモート雑談では、実に多様な話で盛り上がっています。例えば、コロナ禍の過ごし方や新たに始めた事、これからチャレンジしようとしている事への思いや、試行錯誤していることなど。言葉にすることで共感しあえたことも多かったのではないでしょうか。


雑談後には、
「45分という短い時間、少し仕事から離れリフレッシュ出来ました。」
「雑談という言葉にリラックスして参加できました。」
「新しい知見を得られました。」
など、嬉しいご感想をいただくと共に、
「交流のプラットフォームになる事で、よりライブラリーが活性化するのでは?」と、私たちの背中を押してくれる言葉もいただきました。
確かに、私たちは交流の場を作ると同時に、皆さんが発信する場を作りたいと思っています。皆さんが発信する事で、自分と同じことを目指し奮闘している仲間がいる事を知り、この人と話してみたいと興味をもつ、その気持ちがまた新たなコミュニティに繋がると思うからです。

そのような中、以前リモート雑談に参加いただいた方より「ライブラリーを自習室として活用するだけでなく、多様な人と交流できる場にしていただけたら…」とご希望をいただきました。この言葉をきっかけとなり、その方と一緒に新たなメンバー交流会を企画、1か月半後に開催することもできました。

人との関わり方が変わったからこそ始まった「リモート雑談」。
私たちはそこに新たな可能性を感じ期待しています。
とりとめのない会話で笑顔になること、そこから新たな交流の場を皆さんと一緒に作っていきたいと思います。

これからも毎月1回(中旬予定)開催して参ります。是非お気軽にお立ち寄りください!

▼今後のイベントスケジュールはこちら
https://www.academyhills.com/seminar/index.html


 

六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊