六本木ヒルズライブラリー
トピックス

【エントランスショーケース】
「ちりめん本~1世紀以上も前に海を渡っていた桃太郎・浦島太郎・金太郎」

更新日 : 2016年03月01日 (火)

今回のエントランス・ショーケース展示は、『1世紀以上も前に海を渡っていた桃太郎・浦島太郎・金太郎』と題して「ちりめん本」を展示しています。

「ちりめん本」とは、19世紀末頃に刊行された、その名の通り「縮緬(ちりめん)」素材で作られたもの。いずれも希少なものばかりです。


19世紀末に出版業を営んでいた長谷川武次郎が、英訳昔話“Japanese Fairy Tale”を元にして、ちりめんの和紙による小型の絵本を刊行。そのテキストは、広く国内に流布していた「御伽草紙」から選ばれています。



ちりめん本は、当時の訪日外国人への土産物として多数求められ、諸外国に渡っていきました。外国語に翻訳されたものなので、国内に残留したものは少なく、一般にその存在が知られていませんでした。
そのため、非常に希少価値の高い、珍しいものなのです。



今回は「桃太郎」「浦島太郎」「かぐや姫」をはじめ、様々な物語絵本が展示されています。

ところで皆さんは「KACHI KACHI MOUNTAIN」は、何の昔話のタイトルか、わかりますか? 翻訳された昔話のタイトルを見比べてみることも、鑑賞の楽しみのひとつです。





※今回の展示は、通信制大学・大学院 放送大学のご協力により、開催をしています。
4月上旬までの展示予定となっています。

<企画・監修>
澁川 雅俊 (六本木ライブラリーフェロー)

<協力>
通信制大学・大学院 放送大学

※49Fは会員制のフロアーですが、平日のみ\2,000のお支払いで、一般の方もご利用が可能です(エントランスショーケース見学のみも同様となります)。

六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊