六本木ヒルズライブラリー
トピックス

【エントランスショーケース】広重描く『東海道五十三次』に見る“江戸の旅姿”

~古今東西の「読書の絵姿」を、ご紹介しています~

更新日 : 2014年11月11日 (火)


49階のエントランスショーケースにて、歌川広重が描く『東海道五十三次』に見る“江戸の旅姿”をテーマに、復刻版画やパネル、関連書籍の展示を開催しています。

「東海道」は奈良時代に設けられた官営七道の一つです。『万葉集』の時代には、東海・関東地方から徴用された防人(さきもり)が、大陸からの侵攻に備えるために歩んだ道であり、平安時代には『伊勢物語』の主人公が‘東下りを、江戸時代には芭蕉が『野ざらし紀行』をし、そしてまた十返舎一九が 『東海道中膝栗毛』で‘弥次さん喜多さんに伊勢参りから上方見物をさせた通り道でした。



しかしこの街道を日本中に広めたのは、なんと言っても歌川広重の『東海道五十三次』でしょう。広重は日本橋から京の三条大橋まで55景を描き、1833-34年に版元保永堂から出板しました。

浮世絵師が描いたとは言え、この作品は単なる風景画ではありません。むしろ現代の観光案内イラストレーションとしてもてはやされました。
現代、私たちが旅行ガイドを持って旅をしたり、本の景色に惹かれて旅行したくなるようなものでしょうか。


私たちに馴染みの深い『東海道五十三次』ではありますが、江戸の旅姿からその時代を感じてみると、また新しい発見があるかもしれませんね。

展示期間:2014年11月4日~2015年1月末日(予定)
企画・監修:澁川 雅俊 (六本木ライブラリーフェロー)


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊