アークヒルズライブラリー

【アークヒルズライブラリー・シェアラウンジトーク】
第22回 ゆるマラソン VS がちマラソン あなたはどっち派?

アークヒルズライブラリーメンバー限定

本イベントは、新型コロナウィルスの感染拡大リスクを考慮し、開催を延期いたします。延期後の開催日程は、本WEBサイトにて決まり次第ご案内いたします。






日時

2020年03月04日 (水)  19:00-20:00

@アークヒルズライブラリー シェアラウンジ

終了しています

内容


区間新記録の大連鎖!!!過去に無い高速レースで幕を閉じた2020年の箱根駅伝。
走る人も走らない人も選手の一挙手一投足にハラハラし、監督やチームメイトの応援に感動し、先導する白バイ隊員の凛々しさにちょっと惹かれちゃったり、沿道の応援に知り合いがいないかしら?と気になったり、「なんだか今年はピンクのシューズが多すぎるよなぁ」と気づいてみたり、、、競技だけに限られない魅力が満載でしたよね!
そう、走るって、走るだけではない多様な要素を取り込み巻き込む、実に多芸?なスポーツなんです!

そんな、何かと注目を集める『RUN』をライブラリーでもフォーカス。
対照的な2名の登壇者をお招きし、トークイベントを開催いたします!

1人目は、世界を楽しく走る「ゆるマラソン代表」地球の歩き方事業本部副本部長の数藤健さん。地球の歩き方のご担当者らしく、活躍の舞台は世界。ホノルルやフランス・ボルドーなど素敵な土地で、明るく、楽しく、時に美味しく!?街や郊外を颯爽と走り抜ける、究極のエンジョイ型FUNマラソン専門家です。

対する二人目は、2017年東北・みやぎ復興マラソン、2018年MINATOシティハーフマラソン優勝など、「歯磨きと一緒でマラソンは生活の一部です」と言い切る、「がちマラソン代表」森ビルランニングクラブ 秋山太陽さん。早朝に起床し、平均約15キロを走り終えての出勤を日課とする、仕事と競技の両立を全力でこなすTHEド根性ランナー。


どちらも、係わり方は違うけど「走る事を楽しんでいる」という共通項を持つ方々。
そんなお二人に、それぞれの感じる走る事の魅力と楽しみ方を披露いただきます!
あなたの好みは、どちらですか?


【アークヒルズライブラリー】シェアラウンジトーク第22回
  
『ゆるマラソン VS がちマラソン あなたはどっち派?』 

【開催日時】2020年3月4日(水)19:00-20:00(受付開始18:45)
【開催場所】アークヒルズライブラリー シェアラウンジ
【講  師】
数藤 健 (ダイヤモンド・ビッグ社 地球の歩き方事業本部副本部長 兼
                                デジタルメディア開発部 編集長)

        秋山 太陽 (森ビル ランニングクラブ)

【定  員】20名
【参加方法】イベントカレンダー/メンバーアプリよりお申込ください。
■アークヒルズライブラリーのメンバー限定のイベントです■
メンバー専用アプリもしくは下記よりお申込ください。

お申込フォーム


*定員になり次第募集を締め切らせていただきます。


スピーカー

数藤 健
ダイヤモンド・ビッグ社
地球の歩き方事業本部副本部長 兼
デジタルメディア開発部 編集長
1964年東京生まれ。早稲田大学卒業後、出版社3社を経てダイヤモンド・ビッグ社に2009年に入社。『地球の歩き方MOOK』『今、こんな旅がしてみたい!』『地球の走り方』などの編集長を務める。現在はウェブ、電子書籍などのデジタルメディアを統括。海外マラソンはハーフとフルを計25回完走。お気に入りの大会は「メドック」と「ホノルル」。
秋山太陽
森ビル ランニングクラブ
1991年生まれ、茨城県出身。
高校から陸上を始め、早稲田大学、東京大学大学院進学後、森ビルに2016年に入社。
「東北・みやぎ復興マラソン」、「MINATOシティハーフマラソン」などで優勝。
米国開催の550kmリレー「The Speed Project」に、adidasチームのアジア代表として
出場し、大会記録更新(34時間14分35秒)。
昨年2019年の福岡国際マラソンでは、2時間20分22秒の自己記録で走るなど、記録を毎年更新中。


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報