academyhills
ピープル

カール -A・フェヒナー(かーる -A・ふぇひなー)

ジャーナリスト、監督、プロデューサー

プロフィール

カール -A・フェヒナー

1953年ドイツ生まれ。1989年よりフェヒナーメディア社CEO。16歳の頃から映像制作を学ぶ。22歳の頃にはサハラ砂漠を車で縦断する旅に出る。大学ではメディア学を学ぶ。
1983年、長女が誕生したことを機にフリーランサー及び平和活動家として数々のデモに参加。フリーランス時代はARD(ドイツ公共放送)の海外特派員として戦争報道。湾岸戦争の取材等を行う。中距離核弾頭ミサイル配備や核廃棄物輸送反対デモに参加し、拘束された経験もある。1991年より方針転換。戦争報道等、悲惨な状況を伝えるより、解決方法を提示したいと、持続可能性(サステナビリティ)をテーマにTV番組やドキュメンタリー映画を制作。
2010年、4年の歳月をかけて製作したドキュメンタリー「第4の革命」は、ドイツで13万人を動員。2010年ドイツで最も観られたドキュメンタ リーとなる。当映画はドイツ国内で150万ユーロの寄付を企業、個人から集めて制作。3.11東日本大震災以後、 5月3日にアルテ(ドイツ・フランス共同テレビチャンネル)、5月19日にARDで放映され、200万人以上が視聴。ドイツの脱原発に一定の影響を与えた映画となる。6月6日、ドイツ・メルケル首相は2022年までの「脱原発」を閣議決定している。


関連講座

2012年01月

100%再生可能エネルギーシフトは実現できるか?
ドイツ映画『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』上映会
講座開催日:2012年01月17日 (火)

カール-A. フェヒナー(監督)×米倉誠一郎(日本元気塾塾長/一橋大学イノベーション研究センター長・教授)
2011年6月、脱原発法案を閣議決定したドイツ。2022年までに国内にある17基の原発をすべて停止し、自然エネルギーや火力発電で代替するという決定は、世界を驚かせました。この決定に影響を与えたというドイツのドキュメンタリー映画『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』を上映します。


日本元気塾 政治・経済・国際環境

おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!