academyhills
ピープル

隈研吾(くま・けんご)

建築家

プロフィール

隈研吾

1954年生。1979年、東京大学大学院建築学科修了。1990年、隈研吾建築都市設計事務所設立。慶應義塾大学教授を経て、2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞、2010年「根津美術館」で毎日芸術賞、その他、国内外からの受賞多数。近作に「サントリー美術館」、「浅草文化観光センター」、「アオーレ長岡」、「歌舞伎座」、「ブザンソン芸術文化センター」、「FRACマルセイユ」等。新国立競技場の設計にも携わる。著書に『自然な建築』(岩波新書)、『小さな建築』(岩波新書)、『建築家、走る』(新潮社)、『僕の場所』(大和書房)、『広場』(淡交社)等。

Kengo Kuma was born in 1954. He completed his master’s degree at the University of Tokyo in 1979. He established Kengo Kuma & Associates in 1990. He taught at Keio University as Professor, and in 2009 he was installed as Professor at the Graduate School of Architecture, the University of Tokyo.
Kuma was awarded with Architectural Institute of Japan Annual Award in 1997 for the Noh Stage in the Forest and Mainichi Art Award in 2010 for Nezu Museum. Recent works include Suntory Museum of Art, Asakusa Culture Tourist Information Center, Nagaoka City Hall Aore, Kabukiza, Besançon Art Center and Cité de la Musique and FRAC Marseille. Kengo Kuma & Associates are also working on the New National Stadium Japan along with Taisei Corporation and Azusa Sekkei.
He has also written numerous books and most of the titles have been translated into Chinese and Korean. His major writings, Anti-Object, Natural Architecture, Small Architecture have been published in English from AA Publications, the book department of AA School, UK’s prestigious architecture institution.


関連講座

2015年05月

講座開催日:2015年05月11日 (月)

隈研吾(建築家)×米倉誠一郎(日本元気塾塾長)
イノベーションの第一人者と世界を駆ける建築家が、世の中から壊したいこと、世の中に創り出したいことは、どんなことなのか。
そのために必要な人材はどんな人間なのか。先駆者として、後身を育てる立場でもあるお二人はどのような課題を感じているのか。
第4期日本元気塾にさきがけ、ショートセッションとして語っていただきます。


日本元気塾 キャリア・人建築・デザイン

2010年07月

日本元気塾セミナー in 根津美術館
伝統と現代の融和を求める旅

~館長・根津公一×建築家・隈研吾VS米倉誠一郎 新創事業の全貌を語る~

日本元気塾セミナー in 根津美術館
伝統と現代の融和を求める旅
講座開催日:2010年07月30日 (金)

3年半に及ぶ休館を経て2009年10月に新創オープンした根津美術館に、日本元気塾塾長・米倉誠一郎氏と実際に訪れるフィールドワークセッション。 昭和16年(1941)、初代根津嘉一郎氏の遺志によって南青山に開館し、国宝7件、重要文化財87件、重要美術品96件を含む、約7千件の日本・東洋の古美術品によ....


日本元気塾 建築・デザイン文化

2009年07月

講座開催日:2009年07月17日 (金)

隈研吾(建築家)
時代の変化とともに変わる建築のあり方。隈氏は「環境」がこれからの建築には不可欠な要素だと言います。しかし、それは単なるエコな建物とは一線を画すものであると考える隈氏が言う「環境と建築」についてお話いただきます。


BIZセミナー 建築・デザイン環境

2007年05月

講座開催日:2007年05月16日 (水)

約3000万人が働き、住み、集う東京とは一体どのような都市なのでしょうか。次々と変化する景観と環境、少子高齢化と人々の意識の変化、一方でグローバル化する経済により国際的な都市間競争は益々盛んになり、魅力ある都市環境を創造することは東京にとって重要な課題になりつつあります。 本セミナーでは、建築家の....

著作書籍

隈研吾読本 1999

隈研吾

エーディーエー・エディタ・トーキョー


10宅論

隈研吾

筑摩書房


建築家、走る

隈研吾

新潮社


僕の場所

隈研吾

大和書房


小さな建築

隈研吾

岩波書店


隈研吾物質と建築

隈研吾

エクスナレッジ


なぜぼくが新国立競技場をつくるのか

隈研吾

日経BP社


おすすめ講座

おすすめ記事

アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter
メールマガジン登録 アカデミーヒルズの最新情報を入手できます!