日本元気塾

「やりたいこと を やろう」~仲間の存在が想いを形にする原動力に~

日本元気塾卒塾生・座談会(三浦英雄さん、星野俊二さん、笠原眞由子さん)

日本元気塾

(3)これからの「仕事」をつくるための一歩

さまざまな情報が溢れ、知識を得るのが容易になった現代、何かをなし得るためのアイデアを思いつく人は、おそらくたくさんいます。しかし実際に形にするとなると、踏み出せない人もいるというのが実状です。今回、日本元気塾を受講後に実際にアイデアを形にした、期の異なる米倉ゼミの卒塾生3人に集まっていただきました。3人はいったいどのように一歩を踏み出し、日本元気塾で学んだことを自身のプロジェクトに活かしているのでしょうか。3人それぞれの生き方、踏み出し方を伺いました。

撮影:御厨慎一郎  座談会開催日:2017年8月9日

■座談会に参加くださった卒塾生3名

三浦英雄さん(第1期 米倉ゼミ、第5期 藤森ゼミ)
「足場は変えずに境界を越え、共創する第三の働き方を作る」というミッションを掲げ、2012年10月よりグローバル営業部長を兼ねながら、「越境リーダーシップ」プロジェクトを産学連携で設立。世界的な人材開発会社「ウィルソン・ラーニング ワールドワイド」 の執行役員

星野俊二さん(第3期 米倉ゼミ)
「足下から世の中を変える」を合言葉に、女性が美しく走れるハイヒールがある世の中を目指して、職人による接客やサイズ測定から納品まで一気通貫する婦人靴ブランドを創業。オーダーメイド婦人靴ブランド「HOSHINO」の代表取締役

笠原眞由子さん(第4期 遠藤為末ゼミ、第5期 米倉ゼミ)
卒塾課題として考案した、廃棄ウエディングドレスを途上国のカップルに届けるという「Wedding for ALL」を現在進行中。ブライダル関連会社勤務

一歩踏み出すきっかけになった「米倉先生の一言」

お三方とも、日本元気塾でのつながりが現在のプロジェクトに何かしら関連しているのですね。受講時の米倉先生の言葉で印象に残っているものはありますか?

三浦:言われたのは“川下にいるな、川上から世界を捉えろ”ということ。つまり、今どのような変化が起こっていて、次に何が起ころうとしているかというところから、自分がどうあるべきかを俯瞰的に考えろと。そうしないと、変化にさらされるだけでチェンジメイカーにはなれないという話でした。それを聞いてから、世の中を見る視点が随分変わりました。俯瞰して考えることで越境というキーワードの重要性にも気づいたように思います。

星野:米倉先生は、普通なことは何も求めてないんですよね。たとえば“お前はこんなことやってバカだな、本当に”とか言われるんですけど、これ、褒め言葉なんですよ。で、何か始めるなら“お前はバカだな”って言われるぐらいじゃないとダメなんだな、と気づきました。会計事務所を辞めて靴のブランドを立ち上げたり、男性が婦人靴を作ったりといった、人と違うことを始める上で重要なメッセージだったと思います。

笠原:私は以前から、とにかくお世話になった人たちに恩返しをしたいとずっと思っていました。でも米倉先生に“恩は返せない、返すなら次に返せ”と言われてハッとしました。そうか、この“恩を返したい”という気持ちは、お世話になった人に返すんじゃなくて、誰かの違う希望のために返したほうが絶対に楽しいんだって。恩返しの気持ちを次の誰かに送る、ここがぶれなければ、嫌なことがあっても乗り越えられるんじゃないかと思いました。自分の中の北極星が見つかった、という感じです。

それと、アフリカの女性はふくよかなことが多くて、日本のドレスだとサイズが合わないという問題がやっていくうちに判明しました。そのときに“とりあえず1着でいいからやってみろ”と背中を押してくれたのも大きかったですね。考えた末、体型が日本人に似ているモンゴルの方に、最初のウェディングドレスを届けることができました。その後、フィリピンにも試験的に1着送りました。まずは1着という小さいゴールを米倉先生に立ててもらえたことで、プロジェクトを具体的に動かすことができました。

現在進行形の各プロジェクトのこれから

—現在もプロジェクトを進めている真っ最中だと思いますが、最後に、今後どこに向かうのか、それぞれのビジョンを聞かせてください。

三浦:当初、「越境リーダーシッププロジェクト」は会社的に事業として曖昧な形で始まりました。しかし現在は、企業の中の個人を起点とした価値創造の仕組み作りという明確な事業へと発展を遂げています。これからは、この日本発の事業の海外拠点への展開を進めていきます。

星野:最近は、ターゲットである忙しい女性の来店を待つのではなく、いるところに行けばいいじゃないかという発想から、オフィスの中の会議室を借りてポップアップ的な出店をしています。足のサイズを測るところから、気軽にオーダーメイドに触れていただこうという試みです。

将来的には、何か生産革新を起こしたいよねということを社内で話しています。靴は、紙と革といった素材と、糊や水分、熱などを使った技術とが組み合わさってできています。素材と生産技術、その2つが変わると、今までと全く違う作り方ができるのではないかと思うので、その具体化も進めていきたいですね。

笠原:「Wedding for ALL」はようやく動き出したばかりで、ビジネスモデルまで検証できていないのですが、いずれはドレスメーカーのCSRとして廃棄ウェディングドレスを途上国で使ってもらえるような仕組みづくりをしていきたいですね。また、企業だけでなく、各家庭のタンスに埋まっているドレスもかなりあると思うので、それらも途上国で使ってもらうことが当たり前になってほしいです。



アカデミーヒルズのFacebbokページ