日本元気塾

「やりたいこと を やろう」~仲間の存在が想いを形にする原動力に~

日本元気塾

(2)「『痛くてあたりまえ』という我慢を取り除く」星野俊二さん
   「廃棄ウェディングドレスを、必要としている人へ」笠原眞由子さん

さまざまな情報が溢れ、知識を得るのが容易になった現代、何かをなし得るためのアイデアを思いつく人は、おそらくたくさんいます。しかし実際に形にするとなると、踏み出せない人もいるというのが実状です。今回、日本元気塾を受講後に実際にアイデアを形にした、期の異なる米倉ゼミの卒塾生3人に集まっていただきました。3人はいったいどのように一歩を踏み出し、日本元気塾で学んだことを自身のプロジェクトに活かしているのでしょうか。3人それぞれの生き方、踏み出し方を伺いました。

撮影:御厨慎一郎 座談会開催日:2017年8月9日

■座談会に参加くださった卒塾生3名

三浦英雄さん(第1期 米倉ゼミ、第5期 藤森ゼミ)
「足場は変えずに境界を越え、共創する第三の働き方を作る」というミッションを掲げ、2012年10月よりグローバル営業部長を兼ねながら、「越境リーダーシップ」プロジェクトを産学連携で設立。世界的な人材開発会社「ウィルソン・ラーニング ワールドワイド」 の執行役員

星野俊二さん(第3期 米倉ゼミ)
「足下から世の中を変える」を合言葉に、女性が美しく走れるハイヒールがある世の中を目指して、職人による接客やサイズ測定から納品まで一気通貫する婦人靴ブランドを創業。オーダーメイド婦人靴ブランド「HOSHINO」の代表取締役

笠原眞由子さん(第4期 遠藤為末ゼミ、第5期 米倉ゼミ)
卒塾課題として考案した、廃棄ウエディングドレスを途上国のカップルに届けるという「Wedding for ALL」を現在進行中。ブライダル関連会社勤務

■誰かが困っているのが見える領域でモノづくりがしたい



星野:
私は新卒で会計士として働いていたのですが、働いている女性の足元を見て、みんなすごく痛そうだな、ということが気になっていたんですね。ただ、元気塾に通っていた頃は、オーダーメイド婦人靴という具体的なアイデアまでには至っていませんでした。

ものをつくるという点にはすでにフォーカスしていました。学生の頃から絵を描いていたこともあって、人生の中で一度はモノづくりがしたいとずっと思っていたんです。でも自己満足にもなりかねない、いわゆるアーティストとしてのモノづくりには興味がありませんでした。誰かが困っているのがはっきりと見える領域でモノづくりがしたいと思い、それが、もともと感じていた働く女性の足元の課題、靴作りにつながりました。

僕は当時、いろいろな学びのコミュニティやプロジェクトに関わっていて、元気塾もそういう中のひとつとして、ひとまず行ってみるかぐらいの気軽な感じで参加したんですね。でも今、振り返ってみると、人と違うことをするのはプラスなんだということに元気塾のおかげで気づけた気がします。レールから外れるのはタブーだという業界もまだまだ多いですから、米倉先生はじめ、そうじゃない人たちと出会えたことが、いちばんの大きな成果だったと思っています。

—事業が軌道に乗るまでにはいろいろとご苦労もありましたか?

星野:
やはり、先が見えない時期が1年半ほどはありました。なにせ、全部が初めてでしたので。

—その1年半のあと、どういうきっかけで手応えを感じられたんですか?

星野:まず、シンプルに品質が安定してきたことはあると思います。それと、じつはうちの会社の投資家のひとりが米倉ゼミの同期生で、さらに、米倉ゼミから派生した直島視察ツアー(卒塾生主催で実施されたもの)で一緒だった参加者がもう一人の投資家なんです。生産管理や販売戦略、経営面など、おふたりの指導やバックアップのおかげもあってサービスや品質がどんどん良くなっていると実感しています。これは自力ではできなかったことです。そういう意味でも、米倉ゼミのネットワークってすごいんですよ。

■廃棄ウェディングドレスを途上国に届けたい



笠原:
私は、米倉ゼミの前に為末ゼミを受講していたのですが、そちらは不完全燃焼なまま途中で終えてしまいました。その後、米倉先生企画のアフリカ視察ツアー開催告知にピンとくるものがあって参加したんです。その直感は当たりましたね。私はブライダルの仕事をしているのですが、アフリカに行ったとき、生ごみが散乱するスラム街にもウエディングの雑誌が売られているのを目の当たりにして鳥肌が立ったんです。こんなに荒れた街でもウエディングドレスへの憧れはあるんだって。

じつは日本では、まだ使えるウエディングドレスを年間に何百着と捨てているんです。それがもったいないとずっと思っていたので、廃棄ウエディングドレスを途上国へ届けてドレスに手が届かない女性に着てもらおうというプロジェクト「Wedding for ALL」を始めることにしました。先日ようやく、モンゴルに最初の1着を届けることができたのですが、本当に喜んでくれたみたいです。

—プロジェクトメンバーはほかにもいるのですか?

モンゴルのプロジェクトは5人でやっていて、全員アフリカ視察ツアーに参加したメンバーです。唯一の男性メンバーは米倉ゼミの同期生でもあります。会社の業務とは全く別に進めているプロジェクトで大変なことも多いですが、世界の途上国のためにポジティブなことを始めたいというビジョンをメンバーで共有できていることが、プロジェクトの推進力になっています。


アカデミーヒルズのFacebbokページ