日本元気塾

髙島塾の活動報告III

日本元気塾
更新日 : 2012年12月03日 (月)

第6回 独自のスタイルがあること(ゲスト:沖野真紀氏、上田唯人氏)

講義概要

■開催日時:10月11日(木)19:00~21:00

■概要 1期高島塾卒塾生ゲストセッション 
沖野真紀(リブラ株式会社代表取締役)
上田唯人(1milegroup株式会社代表/株式会社イミオ執行役員 兼 経営戦略担当)

卒塾後独立されたお二人にお話いただきました。
高島塾
左から沖野さん、上田さん、高島さん

講義の感想レポート 

塾生による講義を終えての“熱い感想”を、毎回ご紹介していきます。 
今回は、小磯さんのレポートと、お二人の活動のご紹介です。

小磯さん

高島塾 第1期生「沖野さん」「上田さん」に共通して感じたこと。
何か新しいことをする時、誰もが感じる「失敗するかもしれない」という“恐怖”に打ち勝ち行動できているのは、それを上回る“熱い夢”を明確に抱いているからだと感じました。
上田さんは「中学/高校の時の僕から見たらカッコいいこと」沖野さんは「自分のやりたいことをやりたい。やらないことで一生後悔したくない」などの視点も同時に持ち合わせ、走りながら考え、即行動している印象でした。
私も、今感じている“会社を辞めることによるリスク”に負けない“考えるだけでワクワクしてしまう夢”をより具現化し、高島塾で学んだ、最強のビジネスマインドで、日本を元気にする事業を創るぞ!!と、改めて決意しました。

【活動紹介】
■沖野さん
 中国女性消費者マーケティング  リブラ(株) 
http://blooms.jp.net/ ※(株)ブルームスに社名変更
2011年11月には「経済成長を牽引する中国女性消費者のリアル」(カナリア書房)を出版。中国で家庭訪問による徹底調査を行い、中国女性消費者のリアルライフが「まるで行ってきたように分かる」本書は、アマゾンでビジネス・経済部門、海外進出分野で1位を獲得しています。

■上田さん
リアルなランニングカルチャーを切り取り紹介するメディア gloryapparel[グローリーアパレル]
エイ出版社が発行する『ランニングスタイル誌(11月号9月22日発売)』とコラボレーションした、ランニングスナップ特集。渋谷原宿表参道で、100名近くのストリートランナーを撮影し、雑誌とWEBの両方で「東京」の「夜」を走るランナーのスナップが紹介されました。
【特集ページ】http://gloryapparel.jp/snaps-tag/running-style

講師コメント

今回の講義を通じて、髙島さんはどのように感じたのでしょうか?

2人とも1期の高島塾卒塾課題で事業プランを発表し、その後独立して、本当にがんばっているなぁと思います。自分独自のスタイルがあることもとても重要だと思います。「エッジをたてると共鳴者が増える」ということはよく言っていますが、どんなジャンルでも、たとえ世の中に既にあるものの中でも、深堀りすれば新しいものが生み出せると感じます。
自分のやりたいことを、まずはやってみればいいと思います。失敗しても、殺されはしません。やってみないで、ああでもない、こうでもないと言ってもはじまらないのです。

関連書籍

沖野さん著書の書籍帯には、高島さんからのコメントが寄せられています。

経済成長を牽引する中国女性消費者のリアル—消費者を知らずして成功なし 中間層・富裕層宅の訪問徹底調査

沖野真紀
カナリア書房