日本元気塾

奥山塾の活動報告III

日本元気塾
更新日 : 2012年12月10日 (月)

第8回 環境が変わっても同じことができる「個人力」

講義概要

■開催日時 
2012年11月8日(木) 19時~22時

■概要 卒塾課題発表
テーマ:「内を見極め、外に発信する」具体的な実行プラン  その2

講義の感想レポート 

塾生による講義を終えての“熱い感想”を、毎回ご紹介していきます。 
今回は、阿登さん、高原さんのレポートです。

阿登さん
気がつけば、あっという間に残り3回となってしまった第8回目の奥山塾。今回も、前回同様に卒塾課題のプレゼンテーションでした。前回発表を終えた私は気軽な気持ちで参加をすることができました。9名の卒塾課題の発表がありましたので、長丁場だなと考えておりましたが,そんなことはなく、逆に時間が短く感じ、もっと聞きたいということがたくさんありましたが、タイムキーパーの方から再三「終了してください」のカンぺが出されるなど、個性豊かなメンバーの個性豊かなプレゼンテーションで本当に充実した時間を過ごすことが出来ました。
様々な立場の人とよりよいものをつくるという視点で議論するということの大事さが、また一つ勉強できたよい一日になりました。

高原さん
奥山塾3期生にはIT・サービス・自営・食品・ゼネコン・マスコミ・メーカー・流通といった様々な分野からの多士済々なメンバーが揃っています。その為、それぞれのプレゼンも全く個性的で、本当にバラエティに富んだものでした。しかし、その何れもが「内を見極め、外に発信する」という課題に対し真摯に向き合い、自分たちの想いを熱く訴える内容となっていました。
「人や事柄の魅力を、テレビを通して1億人に伝えたい!」
「音楽イベントのプロデュースを通して、被災地に元気を届ける!」
「好奇心に忠実にライフスタイル&ワークスタイルの改革を実現する!」
「60年代生まれの責任&使命として、日本の将来を担うリーダー層を育成する!」
余りの熱さゆえ、奥山さんからも思わず「みんな既に元気じゃないか」との言葉が漏れるほどでした。その一方で奥山さんからは、資金調達や採算性に対する厳しい指摘もありました。今回は卒塾課題プレゼンの第2回目であり、前回出席できなかった私にとっては、これまで共に学び、刺激し合ってきた仲間たちの考えを知る初めての機会でもありました。
「嫌いじゃないけど、今の仕事だけでは悔いが残る」「理想でなければ、壊さなければならない」プレゼンや質疑応答の中での何気ない仲間の言葉が心に響きました。奥山さんも「他人の考えを聞き、それを自分にあてはめ、どう考えるかが非常に重要」と仰っていました。今回の皆さんのプレゼンを受け、自分も何を発信して行くか、常に考えて行動して行こうと強く感じています。

講師コメント

今回の講義を通じて、奥山さんはどのように感じたのでしょうか?

海外であれば会社⇔会社の前に、個人⇔個人の関係性があります。みなさんには、今はたまたまこの会社にいるけれど、会社や肩書きが変わっても、同じことができる「自分」でいてほしい。そうなったらすごく面白くなります。
今回発表時間が短いので、自分を見つめなおした自己紹介がプレゼンの8割を占めてしまうのはとても勿体ない。そこから何を発信していくのか具体的にアウトプットが欲しい。何よりもこれからの自分のために、卒塾課題で考えたことをブラッシュアップしてほしいと思います。