日本元気塾

藤巻塾の活動報告II

日本元気塾
更新日 : 2010年12月20日 (月)

第2回 好奇心が可能性を広げる(ゲスト:中村 貞裕氏)

講義概要

■開催日時 
2010年11月16日(火) 19時~21時30分
■概要
・ゲストによるプレゼンテーション
 【中村 貞裕氏(株式会社トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長)】
・塾生を交えたフリーセッション 

講義の感想レポート 

塾生による講義を終えての“熱い感想”を、毎回ご紹介していきます。 
今回は、宇都宮さん、殿内さんのレポートです。

宇都宮さん
(1)印象に残ったこと
・立ち上げ当初、起業して成功したいとか、上場させたいなどの意識を持っていたわけではなく、とにかく自分の好きなことや楽しいと思えることを素直に実現してきたというスタンスが印象的だった。自分が楽しくて仕方ないことが、周りからみればカッコ良く、また成功していると思えることはとてもいいと思った。
・無理にストレスを抱えないという主義も印象的だったが、そのストレスをちゃんと中間のマネジメント層が引き受けてやっているというバランスや役割分担をうまくしていることが印象的でした。

(2)学んだこと
・志さえ高ければ、必ず仲間はついてきてくれるということ。
・プロジェクトを成功させるために必要な4つのポイント
①コンセプトがしっかりしていること
②それを表すキャッチーなネーミング
③コンセプトを体現する分かり易いコンテンツ
④それらを高いレベルで実現できるスタッフのキャスティング
・ささいなことでもしっかり情報収集するアンテナをはり、好奇心をもって社会を見ること。

殿内さん
中村さんと藤巻さんとの対談、受講生からの質問の時間があり、ただの講演ではなく身近に感じることができ、日常の自分の仕事に置き換えて今回学んだことをどう生かせるかを考え、講義を聞くことができました。
ビジネスの最前線で活躍されている方のお話は、評論家の方の言葉やビジネス本などに無い気持ちのこもった話であり説得力のある言葉だと思います。また、成功されている方には、何か共通の考え方があるのだと感じました。その何かの共通な部分をこれからの講義の中から持ち帰りたいと思います。
今回のようにゲストの方をお呼びいただけると2時間~2時間半の中で多くを知り、学び、自分の仕事にはどのように生かすことができるのかを考えることができる貴重な時間です。積極的に参加することが、藤巻塾を卒塾した時に自分に実りのある何かを得ているような気がしております。藤巻塾は始まったばかりこれから藤巻さんを初めとする方々の講義を聞けるのが楽しみであることと参加されている同じ塾生の方との交流も楽しみにしております。

講師コメント

今回の講義を通じて、藤巻さんはどのように感じたのでしょうか?

最近、小さな積み重ねが出来ない人が多いような気がします。
私は、バイヤーとしてモノを見てきていますが、実はモノの奥にある人に興味があります。
私は最近、会いたいと思う人には会えるようになってきました。常に思い続けることと、行動すること、そんな小さな積み重ねがあったからだと思います。
そして、今の日本には感性やセンスが問われています。
塾生には、常にアンテナ高く、色々なことに好奇心を持ち続けることを塾生には期待します。そして完全に満足することをやめて欲しい。この2つをこの一年間続けて欲しいと思います。