日本元気塾

髙島塾の活動報告

日本元気塾
更新日 : 2010年06月16日 (水)

第10回 2010.2.18(木)

塾生にとってはこの一年間の集大成ともいえる、卒塾課題「資本金1千万までのビジネスプラン」発表の初回。

講義レポート

髙島塾

トップバッターは実際に起業しようとしているOさんの発表でした。また、第7回に実施したJAL再建プランに対するJAL再生タスクフォースの方からのフィードバック、髙島先生による「なぜ、ここまでビジネスをやってこられたか」の話と続きました。この髙島塾塾生で良かったと改めて感じる、セッションとなりました。


ビジネスモデルの発表 /Oさん
内容:上海で美容サロンの経営
場所:中国

「戦いにいくつもりでやります!」というご本人の発表にもあったように、Oさんには勢いがありました。誰かをハッピーにするビジネスであることというお題で、Oさんは上海での美容サロンのビジネスプランを発表。(1)美しくなるサポートをすることで女性を幸せにする。(2)女性が美しくなると男性が幸せになる。というアイディアでした。
Oさんの発表では、ビジネスの内容だけでなく、中国での法体系や上場スキームを学ぶことができました。


髙島塾版JAL再建プランに対するJAL再生タスクフォースの方からのフィードバック/Mさん

塾生のMさんがJAL再生タスクフォースの方と会う機会があり、その際に髙島塾版再建プランに対するフィードバックをいただいてきたということで、みんなにシェアしてもらいました。
JAL再生プラン発表(ゲスト:タイラー・ブリュレ氏)のセッションレポートはこちら
http://www.academyhills.com/genki/report/takashima091109.html
業界の「もうけ」の仕組みを理解し、実行しなくては上手くいかないということでした。ローコストキャリアなど、ニッチな市場がもてはやされているけど、メガキャリア、巨大プレーヤーがいてこそ「ニッチ」という概念が成り立つという内容にIndustry Economicsに倣う意味を理解できた気がしました。


なぜ、ここまでビジネスをやってこられたか/髙島先生
髙島先生は、経営者として夢があったからこそ、ここまでやってこられたとのことでした。髙島先生が話して下さった内容は・・・
・“夢に対する想いの強さ”が物事を成し遂げられる人とそうでない人の差であること。
・人のマネジメントの仕方が重要。業務をマネジメントするという概念ではなく、人を動かすマネジメントが重要で、心を動かすことで人を動かすことができるということ。
・起業の魅力は、自分一人でなんでもできること。
・起業の欠点は、起業家であると間違った方向に進んでいても「社長が決めたことだから」と正してくれる人が少ないこと。だから、自信と謙虚のバランスが必要。
・“人生万事塞翁が馬”というスタンスが重要。辛いこと悲しいことがあっても全体で見たときに必ず回復するというマインドセットが重要。
・辛いことは試練と思い、楽しいこと幸せなことは一過性であると思うこと。
・寝ても覚めても会社のことを考えていると、単なる事象がアイディアとなって、点と点が繋がり、線になって面になり、色々な解決策が浮かぶ。
髙島先生のアンテナの感度や幅広さの理由を垣間みられた講義となりました。


講義を終えての所感

レポートを担当した鬼頭さんの感想は…

塾生からの発表初回となった今回は、本当に起業する方のリアルなビジネスプランを伺ったことで、意気込みに圧倒される場面もしばしば。これくらいの勢いがなくては、生業を起こすことはできない。と実感することができました。
そして、髙島先生から、辛いことがあってもポジティブに切り替えていく、人のマネジメントの大切さ、社員を路頭に迷わせてはいけないという責任感があるというお話を聞き、経営者としてなんて魅力的な人なのだろうと再認識することばかりでした。また、先生のように色々な事象の関連性を見つけてアイデアに落としこんでいける、serendipityが新しいことを次々に仕掛けて行くための肝になるのだろうと実感したのでした。
Oさんのビジネスプランの発表と先生の話は熱い想いに溢れ、エネルギーをもらうことができました。

講師コメント

卒塾課題「資本金1千万までのビジネスプラン」の発表がいよいよ始まりました。いかなる業種でも、ブランドとして確立するためには、差別的優位性を見つけることが重要なポイントだと思います。技術もビジネスの仕組みもすぐにマネをされるけれど、ブランドが立っていれば、お客様に選んでもらえるのです。その視点も取り入れ、今後の卒塾課題に取り組んで欲しいと思います。今回のセッションでは、後半は実際に経営者として感じていることを率直に話しました。ここまでこれたのは、やはり夢や熱い想いがあったからだと思います。塾生一人ひとりにとって刺激になれば良いと思います。

定点観測

アンケート集計

※数値はオンラインの出席者アンケートより

日本元気塾では、講義後に出席者へのアンケートを実施しています。出席率、元気度を毎回集計し、報告いたします。

髙島塾の活動報告 インデックス