オピニオン・記事

戸田奈津子氏が語る「映画の魅力を表現する字幕翻訳」

~1秒4文字、10文字×2行の世界~

更新日 : 2010年05月18日 (火)

第8章 ユーモアを字幕にするのは難しい

戸田奈津子氏

academyhillsをフォローする 無料メルマガ登録をする

戸田奈津子: 字数制限があるだけでなく、字幕は英語と日本語という異なる文化の中で橋渡しをするわけですから、文化、風習、宗教、政治など、いろいろなものが障害になってきます。そんな中で、限られた文字数で、的確に橋渡しするのはとても大変です。

特に橋が架からないのがユーモアです。これは本当に難しい。映画館でコメディを観ると、外国のお客さまはワーッと笑っているのに、日本人はシーンとしていることがありますよね。どんなに字幕で頑張っても、やはりお手上げというときがあって、こういうときは本当に悲しいです。

こんなときは必ず、「なんで日本人は笑えないんだ? 字幕が悪い!」と、字幕のせいにされるのですが、そもそもユーモアの感覚が違うので、どうしても説明しなければ笑えないものが多いのです。でも、説明をつけても面白くないのがジョークというものです。

例えば英語のダジャレは、英語の言葉遊びだから、日本語になるわけがないですよね。日本語で「橋と箸」をかけるジョークがありますが、これは同じ「はし」という音だからダジャレになるわけで、英語で「ブリッジとチョップスティック」じゃあジョークにならないわけです。そういうものが山ほどあります。コメディは非常に難しいので、ない知恵を絞ります。

例えば——『007』シリーズのジェームス・ボンドはダジャレが大好きな男で、連発するんです。ボンドをダニエル・クレイグが演じた『慰めの報酬』(2008年公開)で、こんなシーンがありました。

ボンドの行く先々で、人がどんどん死に、死体がゴロゴロ転がる。今も死体がボンドの目の前にある。そこに上司のMから電話がかかってきて、「どうなっているの?」と訊くんです。

ボンドは「It's dead end.」と答えます。dead end、つまり袋小路に入ってしまった、しかしそこに死人がいるので、「本当に人が死んでいる。しかも袋小路で事件は行き詰っている」という意味を掛けた字幕にしなければならない。台詞の長さは1秒もありませんから、3文字から、せいぜい4文字で、収めねばなりません。

ジョークのセンスのある方は、いろいろな解決策が思い浮かぶかもしれませんが、私はジョークはあまり上手じゃないものですから、ない知恵を絞って「脈がない」にしました。両方の意味が入っていて、4文字で収まりました。

記事をシェアする

Twitterでつぶやく

Twitterでつぶやく

記事のタイトルとURLが表示されます。
(Twitterへのログインが必要です)


メールで教える

メールで教える

メールソフトが起動し、件名にタイトル、本文にURLが表示されます。


ブログを書く

ブログに書く

この記事のURLはこちら。
http://www.academyhills.com/note/opinion/10031708MovSub.html


戸田奈津子氏が語る「映画の魅力を表現する字幕翻訳」 インデックス


該当講座

映画の魅力を表現する字幕翻訳
~1秒4文字、10字×2行の世界~
戸田奈津子 (映画字幕翻訳者)

戸田 奈津子(映画字幕翻訳者)
10月の六本木ヒルズクラブランチョンセミナーでは映画字幕翻訳者の戸田奈津子氏をお迎えします。「字幕翻訳者になりたい」と、夢を叶えるために、ゼロから出発し、門のない世界に挑み続け、字幕翻訳者として活躍するまでに20年間の歳月を振り返り、映画に魅せられたご自身の人生と、1秒4文字、10字×2行という厳しい文字制限の中から生まれる字幕翻訳の世界についてお話いただきます。


BIZセミナー 教養 文化 
アカデミーヒルズのFacebook
アカデミーヒルズのTwitter

おすすめ講座

おすすめ記事