六本木ヒルズライブラリー
トピックス

【エントランスショーケース】
クリスマスに本を贈る ~想いを託すギフトブック~

更新日 : 2015年11月19日 (木)


今回は、『クリスマスに本を贈る』と題して、「贈り物としての本」がテーマです。

みなさんは、「本」の贈り物をしたことがありますか?


第一部「ギフトブックの歴史」



こちらは、古書の表紙をめくった遊び紙に書かれたメッセージ。


第一部では、贈り主からのメッセージが書かれ実際に贈られた、20世紀初頭の欧米の古書を展示しています。


親から子へ、祖父母から孫たちへのメッセージが綴られた本には、「大切な人に本を贈る」ということの、今も昔も変わらない、あたたかな想いが込められています。



第二部「ライブラリーメンバーのギフト・ブック」


メンバーの皆さまは、どのような本を贈ったり、貰ったりしているのでしょうか?


今回の展示に際して、メンバーの皆さまに「贈り物としての本」についてのアンケート調査を行いました。こちらでは、メンバーの皆さまに回答いただいたアンケート結果について考察しています。


加えて実際にメンバーの方が、誰かに貰った/贈った本を、メッセージと一緒に展示しています。



第三部「本屋さんがギフトブックに薦める本」


第三部では、今回ご協力をいただいた紀伊國屋書店さんがお薦めする、贈り物に相応しい本を展示しています。


数ある本の中から厳選された、様々なジャンルにわたる和洋書は、表紙も内容もわくわくするようなラインナップです。


「ラッピング・ブック」「海外のギフトブックカタログ」


例えば「ラッピング」と言っても、実に様々です。彩り豊かなラッピング用紙から、アイデアと工夫が凝らされた手作りラッピングまで。本に込められた想いを、更にラッピングで演出することで、世界にひとつだけの特別な贈り物になります。


クリスマスシーズン、大切な人への贈り物に迷っているのであれば、その人への想いを託した「本」を贈ってみるのは、いかがですか?









※今回の展示は、株式会社 紀伊國屋書店のご協力により、開催をさせていただきました。12月下旬までの展示予定となっております。

<企画・監修>
澁川 雅俊 (六本木ライブラリーフェロー)

<協力>
株式会社 紀伊國屋書店


六本木ライブラリー
アークヒルズライブラリー
メンバーズ・コミュニティとは?
「バーチャルツアー」施設内を360度のパノラマで歩き回ることができます