会員制ライブラリー
書 籍

ライブラリアンの書評    2018年9月

毎日続々と新刊書籍を入荷するライブラリー。その数は月に200~300冊。
その書籍を司るライブラリアンが、「まさに今」気になる本は何?



タイトルを見てドキッとしました。「自分は劣化するオッサンになっていないか?」。43歳の私、もういいオッサンです。「劣化しているか?」と問われると「そんなことはない!」と言いたいところですが、身体は重くなり物忘れも頻繁で、スペックとしての劣化は否めません。


本書によれば「オッサン」とは、いわゆる男性のある一定の年齢層を指すのではなく、「ある特定の人物像」として定義する、とあります。

1:古い価値観に凝り固まり、新しい価値観を拒否する
2:過去の成功体験に執着し、既得権益を手放さない
3:階層序列の意識が強く、目上の者に媚び、目下の者を軽く見る
4:よそ者や異質なものに不寛容で、排他的

性別・年齢層にかかわらず、そのような態度である、ということ。先日後輩と話していた際、ふと自分が「古い価値観にしがみついている」ことに気付いたことがありました。それは思えば「オッサン」であるに違いなく。


組織は世代交代を経るごとに劣化する、という組織構造自体の問題。オッサンは尊重すべきという幻想を捨てよ、といった古き慣習の指摘。オッサン化する社会のメカニズムを、箴言交えてドローンよろしく、視点が自在に飛び交う論考が痛快です。

人生100年時代という未知なる未来はいわば現代。ビジネス書大賞2018受賞の前著『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』で「VUCA」時代を生き抜くための「美意識」を説いた著者が、日本社会を取り巻く「オッサン化」に警鐘を鳴らします。
 
 
(ライブラリアン:結縄 久俊)
 

 

劣化するオッサン社会の処方箋—なぜ一流は三流に牛耳られるのか

山口周
光文社


会員制ライブラリー【メンバー専用マイページ】ログイン
六本木ヒルズライブラリー
アークヒルズライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊