アークヒルズライブラリー
アークヒルズトピックス

天使の魔法にかけられた、素敵な2時間の交流会♪

アークヒルズライブラリー5周年記念 イベント開催レポート

更新日 : 2018年10月04日 (木)

開催日:2018年9月26日 @アークヒルズクラブ クラブルーム
文/城所


今年5周年を迎えるアークヒルズライブラリーでは、感謝の気持ちを込めたメンバー交流会を9月26日に開催いたしました。当日はメンバーが拠点とするアークヒルズの街の歴史に関する講演、サントリーホールから室内楽アカデミー生をお招きしての弦楽四重奏の演奏、そして交流会ではテーブル対抗のクイズ大会など、盛りだくさん。
今回はその様子をレポートいたします。
 
クァルテット・トイトイ(サントリーホール室内楽アカデミー第5期生)
三澤 響果(みさわ きょうか / ヴァイオリン) 菊野 凛太郎(きくの りんたろう / ヴァイオリン)
山本 一輝(やまもと いつき / ヴィオラ) 築地 杏里(つきじ あんり / チェロ)
 
 

第1部:拠点・アークヒルズを知る


スタートを飾るのはライブラリーメンバーの拠点を知る講演です。日々勉強や仕事場として過ごす場所・アークヒルズはどのようにして出来上がたった街なのでしょうか? 開発事業者だからこそ知りえる事実を、森ビルタウンマネジメント事業部の田中巌さんから、複数の実例とともにご紹介いただきました。

一例をあげると…アークヒルズライブラリーの位置するアーク森ビル37階について。アーク森ビル37階は他のフロアにはない、約3倍の大きな窓を有しています。37階だけが特別に眺望を重視した大窓の設計となっているのはどうしてでしょうか?

その答えは社会人の学びを重視した森ビル創業者の強い思いとも関係します。大人が学ぶ場を、東京都心を眼下に、そして遠く富士山を望む眺望の中に設けることの意義とは…。アークヒルズライブラリーが特別な場所であることを再認識しました。これは否が応でも頑張るしかないですよね! 気合が入ります。
 
 

続いて、サントリーホールの協力により、サントリーホール室内楽アカデミー第5期生「クァルテット・トイトイ」の登場です!
 
その昔、シューベルトやリストが影響を受けたほどの名バイオリニスト・パガニーニは、その風貌から悪魔と呼ばれていました。巧みな演奏は悪魔に魂を売った代償と言われ、パガニーニの演奏会では悪魔に取りつかれないよう十字を切る聴衆も出たそうです。
 
一方、ライブラリーメンバーの前に現れた若き演奏者「クァルテット・トイトイ」は、悪魔とはほど遠い、まるで天使の様相! なるほど!「トイトイ」とはドイツ語の「トイトイトイ」(成功や幸せを祈るおまじない)からきているそう。4人の天使が奏でるおまじないは聴講者を徐々に幸せで満たしてゆきます。

 

本日演奏された楽曲はアンコールも含め全4曲。弦を指で弾く、軽快なリズムで心がわくわくするアンダーソン「プリンク・プランク・プルンク」、チェロをたしなむプロイセン王の依頼によりモーツァルトが作曲した「プロイセン王四重奏曲第3番 より 第1楽章」、ベートーヴェン以後の最高傑作と称賛されるバルトークの「弦楽四重奏曲第2番より第2楽章」、そしてアンコールは、タンゴの世界にクラシックを取り入れたピアソラの「オブリヴィオン」と実に多彩。
天使たちの幸せな魔法「トイトイトイ」のような素晴らしい演奏に酔いしれるひと時となりました。
 

第2部:メンバー交流パーティー


まずはライブラリーメンバーを代表して、仲松匠さんから乾杯のご挨拶!
クァルテット・トイトイのメンバーも乾杯に加わります。


乾杯の後は、メンバー同士の交流を図るテーブル対抗クイズ大会のスタートです。問題は全部で5問。アークヒルズやサントリーホールに関する、ちょっとマニアックなクイズです。
スタート時に学んだアークヒルズ開発ストーリーを思い出しながら、どのテーブルもメンバー同士、真剣に答えを検討しています。出題する側からは難解だと思われたクイズですが、意外や意外、正解率が高く、順位はジャンケンで決めることに。
改めてメンバーの教養の深さ、洞察能力の高さを知る結果となりました。

「サントリーホールの協力で、サントリーのウイスキーを提供していただけました。」

弦楽四重奏の豊かな音色を楽しみ、お酒や食事を頂きながらメンバー同士で協力して行うクイズ大会と、非常に盛りだくさんの内容で、あっという間に2時間は経過しました。
 
普段は机と対峙する時間が多いメンバーですが、今宵はアークヒルズライブラリーで同じ空間をシェアする仲間と、お互いの目標や夢、趣味や音楽を語り合い、話題は尽きません。徐々に人と人とが繋がっていく様子は、さながら多重奏のよう。会場は人が奏でるハーモニーで重厚な雰囲気へと変化していきます。

今回の交流会では、アークヒルズライブラリーが、ライブラリーを拠点とするメンバーの皆様とともに、次の未来への一歩を踏み出す、そんな感覚を得ることができました。もちろん37階からの眺望も、その大きな一歩を後押ししています。

アークヒルズライブラリーではこれからも人と人との有機的なつながりを意識した場所、空間の提供を目指して参ります。ご参加くださいましたメンバーの皆様、誠にありがとうございました。
 

  
 
アークヒルズエリアでは10月5日よりARK Hills Music Weekが開催されます。
アークヒルズエリアが音楽に包まれる9日間。アークカラヤン広場では「ARKクラシックス」のライブ・ビューイングを同時開催します。世界最高峰の音楽をみんなで一緒に楽しみませんか? 
 

アークヒルズライブラリー
六本木ライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊