アークヒルズライブラリー
イベント

【アークヒルズライブラリー限定】シェアラウンジトーク
第10回“大手商社からベンチャー企業へ~「見える」で世界にイノベーションを~”鈴木 太郎

ライブラリーイベント

※このイベントはアークヒルズライブラリーメンバー限定です。 
マイページよりお申込ください。

日時

2018年06月27日 (水)  19:00-20:00

@アークヒルズライブラリー シェアラウンジ

終了しています

内容

アークヒルズライブラリーメンバー限定のシェアラウンジトーク。
記念すべき第10回のスピーカーは、「見える」に夢と人生をかけ、眼科医療機器分野で異彩を放つベンチャー起業、ユニバーサルビュー社長の鈴木太郎さんにお話をいただきます。

 
みなさんは第4の近視矯正をご存じですか? 
 
第1はメガネ、第2はコンタクト、第3はレーシック。そして今は第4の「矯正コンタクトレンズ」の時代に移っています。鈴木さんの手がける視力回復レンズ「オルソケラトロジー」は、寝るときに装着するコンタクトレンズ。このレンズが睡眠中に角膜を矯正し、朝起きてレンズを外せば、日中は裸眼で過ごす事が可能となります。また、その先の技術として、老眼や乱視を1枚で矯正できるコンタクトレンズ、さらには血糖値や血圧を測定し、今の体の状態を知る事ができるコンタクトレンズの実用化にも取り組んでおられます。 
 
このように「見えるを通して世界の人々と社会を幸せにする」を使命とし、日々奔走されている鈴木社長。もともとは有名大学を卒業し、大手商社に就職され、順風満帆な社会人人生を歩まれていました。何がきっかけで、どんな思いに突かれて、その約束された大地を飛び出し、挑戦という航海の人生に舵を切られたのでしょうか? 
 
当日は大企業からベンチャー起業創設に至った経緯、そしてベンチャー創業時の苦労とその後の成功体験などのトピックを交えながら、鈴木社長の考える「働く意義」について、お話しを伺います。 

 
【アークヒルズライブラリー】 シェアラウンジトーク 第10回
“大手商社からベンチャー企業へ ~「見える」で世界にイノベーションを~”
 
【開催日時】 2018年6月27日(水)19:00-20:00(受付開始18:45)
【開催場所】 アークヒルズライブラリー シェアラウンジ
【スピーカー】鈴木 太郎(株式会社ユニバーサルビュー 代表取締役社長)
【定  員】 20名
【参加方法】 メンバーアプリ/マイページよりお申込ください。
*定員になり次第募集を締め切らせていただきます。



 鈴木 太郎(すずき たろう)
 株式会社ユニバーサルビュー 代表取締役社長


1992年 慶應義塾大学法学部卒業
1992年 三菱商事株式会社に入社、2001年に同社退職後、医療機器輸入販売会社を設立
2005年 投資コンサルタント パートナー
2006年 株式会社ユニバーサルビュー 代表取締役社長 就任

メガネ・コンタクト・手術でもない新たな視力矯正法で就寝中の装着で裸眼視力を回復させる医療用コンタクトレンズ「オルソケラトロジーレンズ」の開発事業に参画、開発に必要な資金調達および事業インキュベーションを実行。
2012年に新規医療機器として薬事承認を取得、現在国内320の眼科施設で事業展開中。


アークヒルズライブラリー
六本木ライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報