アークヒルズライブラリー
アークヒルズトピックス

シェアラウンジトーク 第7回 開催レポート
“Apple Pay の最新状況 とモバイル決済への期待”

更新日 : 2017年12月07日 (木)

開催日:2017年11月22日 @アークヒルズライブラリー シェアラウンジ
スピーカー:鈴木 淳也(モバイル決済を専門とするITジャーナリスト)
文/神田

シェアラウンジトークは、アークヒルズに関わる方をスピーカーに迎えて開催しているアークヒルズライブラリー限定のイベントです。メンバーにとっては、新たな知識を学ぶ場であるだけでなく、スピーカーや他のメンバーと意見交換をすることで交流を生む場になっています。

今回は、モバイル決済を専門とするITジャーナリストであり、アークヒルズライブラリーメンバーでもある 鈴木淳也氏に、話題のApple Pay の最新状況をお話しいただきました。

Apple Pay がなんで注目されるのか?


今までにも似たような試みはありましたが、なんでApple Pay が注目されるのでしょうか。2011年からモバイル決済の実態を調べ、世界中を見てきた鈴木さんは、「モバイル端末にデジタルウォレットを入れる仕組みとして、初めて成功した例」と仰います。

アメリカでローンチされてからちょうど3年。昨年10月には日本で、現在では世界の20カ国で使えるようになっています。モバイル決済を利用している人はまだ多くはありませんが、アメリカでは国内の非接触決済の90%がApple Pay によるものだといいます。

その理由は、「使い勝手が簡単」「安全(Touch ID による指紋認証で個人を特定できる)」「プライバシー(Apple は名目上、データを取らない。記録が残らない)」「大規模展開(多くのカードを使える)」だから。そして、Apple Pay が広く受け入れられたことで、業界として盛り上げようとしているし、銀行も協力体制にあるといいます。

今、使える率が一番高い世界最大のモバイル決済サービスと言えそうです。その波は、アメリカだけではなくヨーロッパやアジアにも広がり、日本でも6割くらいのカードに対応するまでになっています。

海外と日本の仕組みの違いは解消される!?

日本では、もともと非接触型決済にはFelica技術が使われていた経緯から、Apple Pay の事情も海外と少し異なります。海外では、非接触決済にはTypeA/B という技術が使われていますが、日本ではFelica も使われています。それによって、国内版iPhone と海外版iPhoneで利用できる所が異なったり、国内発行のクレジットカードと海外発行のクレジットカードでも出来る事と出来ない事の違いがあるようです。

ただ、その問題は「時間が解決する」と鈴木さんは仰います。日本のコンビニやファーストフードのチェーン店はいち早く対応が進められているといいます。海外から日本に来た人がiPhoneで気軽に買い物や食事ができ、日本から海外に旅行に行った際にもiPhoneで全ての支払いをすることができる日もそう遠くはないようです。

Apple Pay で何が変わる?


日本のSuicaのように、海外の交通系カードもApple Payと組み合わせて使えるようになっていくようです。また、Appleは、個人間送金の仕組み「Apple Pay Cash」を発表しています。ソフトバンクのAIロボットペッパーとの組み合わせで、人がする最低限のカウンター業務ができる実験も行われているそうです。

モバイル決済のさきがけとなった「Apple Pay」は、今後しばらくはこの業界をリードすることになるだろうと、鈴木さんは仰います。
Apple Payは、今後ますます普及し、非接触決済だけでなくオンライン決済にも広がっていくだろう、個人間送金やホテルの鍵、IC Tag と広がっていき、流通革命を起す可能性もあると。Apple Payの広がりによって、カード会社の勢力図に変化があったり、日本の「おさいふケータイ」も変化を見せるかもしれません。今後が注目されます。


決済の黒船 Apple Pay

決済の黒船

鈴木淳也 : 日経FinTech編集部
日経BP社


アークヒルズライブラリー
六本木ライブラリー見学会
「バーチャルツアー」施設内を360度のパノラマで歩き回ることができます