アークヒルズライブラリー
アークヒルズトピックス

アークヒルズライブラリー潜入レポート

更新日 : 2016年04月20日 (水)

写真・文/神田

新しいことに挑戦したり、新しい人との出会いが増える時期です。「働く・学ぶ・交流する」など目的に合わせてご利用いただけるアークヒルズライブラリーを潜入レポートします。

「ヒルズ」の原点、アークヒルズは六本木一丁目駅徒歩すぐ


六本木一丁目駅から直結の歩道

アーク森ビル1階総合受付
古くから大使館やホテルが集まり、国内外の人や文化が活発に行き交ってきたこの地域は、住む人も働く人もどこか洗練された印象を与えます。そんな地域に位置する赤坂アークヒルズは、東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」から徒歩すぐです。永田町駅から4分、四谷駅から6分、目黒駅から8分と“意外と近い”。他にも最寄駅として、銀座線の溜池山王駅、日比谷線の神谷町駅から歩けます。

アーク森ビルのセキュリティゲートを通って37階(最上階)へ進みます。外部からの侵入者を防ぐ厳重なセキュリティで安心です。ライブラリーメンバーには、ビルのセキュリティカードが貸与されますが、初めて来館する方や見学にいらした方は、1階の総合受付で身分証明書を提示して入館手続が必要になります。

朝7時から夜24時まで毎日開館!Wi-Fi完備


37階のアークヒルズライブラリーでは、レセプションスタッフが笑顔で迎えてくれます。

「立地やアクセスのよさ」だけでなく、「落ち着いた雰囲気」や「集中できる環境」が気に入って入会する方が多く、「開館時間の長さ」「設備の充実」や「機能的な空間」、中には「スタッフの感じのよさ」を入会の決め手にあげられる方もいらっしゃいます。

朝7時から夜24時まで毎日開館、Wi-Fi・電源・複合機を完備しているので、勉強や仕事の場としてはもちろん、通勤前や帰りのON/OFFの場、読書、ゆったりと時間を過ごす、など目的はさまざま。それぞれのご利用目的に合わせて使い分けができる3つのスペースが用意されています。

『ワークスペース』の椅子は長時間でも疲れないハーマンミラー社製

集中して勉強や仕事に取り組みたい人には、『ワークスペース』が人気です。資格試験のための勉強や、パソコンを使っての仕事の作業、論文の執筆などで利用される方が多く、長時間座っていても疲れないとハーマンミラー社製のセイルチェアが好評です。

また、全てのデスクにはデスクマットが敷かれていて、音や振動も気にならないよう工夫されています。デスクの奥行が大きく、隣の席との間にパーティションが設置されているので、集中して作業ができます。

書棚のある『メンバーズカフェ』は、富士山や東京湾の眺望も楽しめる




窓からの景色がパノラマのように広がる『メンバーズカフェ』。8人掛けの大きなテーブルと1人用のテーブル、コーナーにはソファ席が設置してあり、飲食や携帯電話での通話も可能で、メンバー同士での共同作業も出来るスペースです。

晴れた日には、富士山や東京湾までをも見渡せ、開放感抜群です。朝7時のオープン直後には、出勤前に景色を見ながら朝食をとって一日に備えるメンバーの姿も見られます。空気の澄んだ朝の景色は、気持ちまですっきりとさせてくれそうです。

書棚には、2,000冊以上の本が並びます。最新のビジネス書だけでなく、ライフスタイルや趣味の本など選び抜かれた本からは“今”が見えてきます。ワークスペースで集中した後に、書棚を眺めながら気分転換をしたり、その時の気分でワークスペースとメンバーズカフェを使い分けしているメンバーもいらっしゃいます。

「セレクトされて入荷する本には読みたい本が多い。」というメンバーの声も多く、書籍を購入される方も増えています。メンバーだと蔵書を10%割引で購入できるのも魅力です。


ゲストとの打ち合わせやメンバー同士の交流ができる『シェアラウンジ』



ゲストとの打ち合わせに使えるシェアラウンジは、食事やメンバー同士での歓談などにも利用されていて、ダイニングルームのような雰囲気です。メンバー同士のコミュニティ活動も行われていて、ブリテンボードはメンバーのシェア情報で溢れています。

シェアードウォールには、新着書籍やメンバーの著書、ライブラリーアドバイザー小林麻実のお勧めの新刊、など手にとってみたくなる本がコメントと一緒に並びます。

複合機では、コピー、PCからのプリントアウトに加えて、スキャン機能もご利用いただけるようになりました。

ロッカーがあるので、重い荷物を置いておくことも可能です。(月極め契約制)


アークヒルズライブラリー
六本木ライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊