アークヒルズライブラリー
アークヒルズトピックス

「小さい事務所を借りるより雰囲気も什器もいい!」

メンバー直撃インタビュー : 與世田 雄大さん 與世田 温子さん

更新日 : 2016年03月17日 (木)

文・写真/神田

アークヒルズライブラリーをどのように利用しているのか、そんな疑問をメンバーに聞く直撃インタビューシリーズ。今回は、ご夫婦で公認会計士でもあり、アプリ開発の会社を経営されている與世田雄大さんと與世田温子さんにお話を伺いました。

■入会の目的・きっかけは?
私たちは夫婦で会社を経営していて、当初は自宅兼事務所として家で仕事をしていましたが、そのうち仕事は外でしたいと思うようになったんです。一日利用でさまざまなコワーキングスペースを使いましたが、定額会員であればあるほど毎日は利用できないと思う施設が多かったんです。それが、アークヒルズライブラリーを見学してすぐに会員になってしまいました。

コワーキングスペースは意外とにぎやかなところが多いのですが、アークヒルズライブラリーは静かに作業できるスペースと会話をしたり食事をしたりするスペースが分かれているところが私たちにとってはよかったんです。

■どのように利用されていますか?
アプリを作るための作業をする場所として、主にメンバーズカフェを利用しています。二人で一緒にというよりはそれぞれ一人で作業をしています。二人での打合せは自宅ですることが多いのですが、シェアラウンジで話し合ったりすることもありますね。

大学生の時から起業しようと決めていて、公認会計士になったのもまずは社会の仕組みを知らなければと思ったからなんです。事業計画を立てる時には、自分たちが楽しく出来ることをと考えてスマートフォンのアプリ開発をすることに決め、AndroidとiPhoneの担当に分かれてプログラミングを学んだんです。今は仕事中心の生活ですが楽しいですね。二人で夕食を食べて帰ったり、サウスタワーの福島屋で買い物をして帰ったりしています。


■どんなところが気に入っていますか?
まず、交通の便がよいところ。
六本木一丁目駅からすぐなのでとても便利です。
それと本が置いてあるところ。
ビジネス書だけではなく、ジャンルが偏っていないのもよいですね。読みたくなる本が多いと感じています。
著書のPOPを置いてもらうために全国の書店巡りを二人でしているので、旅行の本もよく読みます。書店を巡りながら、趣味の旅行を二人で楽しんでいます。ちなみに、あと少しで全国の都道府県制覇です。
もう一つ、雰囲気がよいところ。
会員制なので雰囲気が保たれるのですね。ビジネスマナーのよいメンバーが多いので居心地がいいです。
更に言えば、椅子やデスクなどの什器もよいので、小さな事務所を借りるよりリーズナブルだと感じています。

■今後アークヒルズライブラリーに期待することは?
かなり満足しているので…。この環境を維持してほしいですね。

■好きな本
(温子)『ナショナル ジオグラフィック』
ライブラリーに配架されているので、毎月読めるのを楽しみにしています。
(雄大)東野圭吾の『ガリレオシリーズ』
小説を読むのが好きなんです。


■趣味
(温子)山登り
高校の時は山岳部でした。
(雄大)旅行。それと山登り。誘われて登るようになりました。(笑)

■すきな言葉/座右の銘
(温子)「自分の限界を自分で作らない」
(雄大)「我 事において 後悔せず」 
宮本武蔵の言葉です。

プロフィール

與世田 雄大(よせだゆうだい)

2007年 公認会計士試験合格。有限責任あずさ監査法人入所。
2012年 監査法人を退職し、willsi株式会社を設立。代表取締役に就任。アプリ開発と簿記教育に従事している。
監査法人退職後にプログラミングを独学し、iPhoneアプリの開発を担当。

與世田 温子(よせだあつこ)

2007年 公認会計士試験合格。有限責任監査法人トーマツ入所。
2012年 監査法人を退職し、willsi株式会社を設立。アプリ開発と簿記教育に従事している。
監査法人退職後にプログラミングを独学し、Androidアプリの開発を担当。

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記3級

よせだあつこ
翔泳社

らくらく合格 ITパスポート

よせだあつこ
中央経済社

会計資格最短・最速攻略法

よせだあつこ
中央経済社


アークヒルズライブラリー
六本木ライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊