アークヒルズライブラリー
アークヒルズトピックス

「刺激を受けながら集中できる場所!」

メンバー直撃インタビュー 第3回 : 神山 詠美子さん

更新日 : 2015年02月04日 (水)

文・写真/神田

メンバーに活用方法をお尋ねする直撃インタビュー。今回のメンバーは、半年前に入会された神山詠美子さんです。虎ノ門で事務の仕事をされているという神山さんに、アークヒルズライブラリーをどのように利用されているのかお話を伺いました。

■入会の目的・きっかけは?
現在のゴールである日商簿記1級の受験準備のため。
仕事とは全く関係のない簿記に興味を持って、自分で勉強をしたら3級、2級とスムーズに合格出来たんです。1級も受験しようと決意したので、集中出来る場所でしっかり勉強しようと思って入会しました。

■どのように利用されていますか?
平日は、出勤前と仕事帰りにほぼ毎日来ています。朝は、持ってきた軽食をシェアラウンジで食べてから1時間くらい、夕方は夜8時頃まで勉強することが多いですね。
週末も、午前中に来て夕方まで利用しています。休憩以外は、ほとんどワークスペースで集中しています。

■どんなところが気に入っていますか?
ワークスペースの椅子が長時間座っていても疲れず、とても助けられています。
休憩する時には、メンバーズカフェに行って書棚を見るのですが、セレクトされている本がどの分野も興味深く、よい気分転換になります。

それと、ロッカーに荷物を置いて帰れるところが便利です。テキスト類が多くて持ち歩ける量ではないので、本当に有難いです。

■今後アークヒルズライブラリーに期待することは?
この環境が出来るだけ長く、ずっと続いてほしいと思っています。刺激を受けながら、集中して物事を考えられる環境は貴重なので。

私は、簿記の試験も確固たる目的があって勉強を始めたわけではなかったのですが、ライブラリーで他の会員の方々や書籍、イベントに刺激を受けたのでしょうか、「ビジネス」や「起業」というキーワードが自分の中で気になり始めました。受験後、自分が何をしようか、少しワクワクしながら考えています。

■好きな本
ライブラリーで見つけた『THE ART OF CLEAN UP』が最近のお気に入り。すごくおかしい!


■趣味
料理
第2回都内産農林水産物を使用した料理コンクールで優秀賞をいただきました。自慢です。(笑)

■すきな言葉/座右の銘
「VERY GOODでなければGOODではない」
昨年のサントリーホールのインタビューで
五嶋みどりさんがお話されていた言葉です。

プロフィール

神山 詠美子(かみやまえみこ)

音楽高校、音楽大学を卒業後、多くのアーティストのページターナーを担当。
2002年からニューヨークで勉強、その後帰国
2007年 Training on Emergency and Disaster Management(インドネシア)に参加
2011年 myつりかわ展入選
現在は、虎ノ門のオフィスで音楽とは関係のない事務の仕事に従事。
経理経験ゼロ。日商簿記3級135回満点合格。2級136回合格。
作曲法の一部が簿記の仕組みと似ていると感じて面白くなり、現在は日々受験準備。

アークヒルズライブラリー
六本木ライブラリー見学会
ライブラリーカフェクローズ情報
メンバーズ・コミュニティとは?
今読むべき新刊書籍12冊