TOP   > 六本木フォーラム Roppongi Forum  > 各種留意事項

各種留意事項

貴社ご利用の際の会場設営時および開催時において、ご留意いただきたい事項を以下に記載させていただきます。

会場設営・官公署への届出に関してのご留意事項

【1】会場装飾・設営に関する留意事項
災害発生時の消火活動等の妨げとならない様、装飾物・装飾壁等の設置時は下記の空間を設けて下さい。また、屋根・キャノピーを架けるような施工はご遠慮下さい。
  • 壁面に接着しない様な隙間
  • 天井より500㎜以上
災害発生時の消火活動、避難の障害とならない様、下記の設営、施工はご遠慮下さい。
  • 消火器の設置場所の任意の移動ならびに什器・装飾物等での遮蔽
  • 避難通路につながる扉の閉鎖および避難通路上の障害物の設置
  • 避難誘導灯の被覆、装飾物等での視認性の遮断
  • 防火シャッター下・防火扉軌跡上への物品設置・配線敷設等の横断
  • 会場外、または複数の会場を横断する配線敷設
  • 施設・設備・備品への直接の施工・工作
  • 床荷重制限以上の重量物の設置(床荷重制限表参照)
  • 火気の使用または、火花ならびに煙の発生する行為
設営・装飾には消防指定の「防炎」素材を必ずご使用下さい。
当社の標準レイアウト以外の設営・作業の際、誘導灯表示のある扉に対して下記の幅員ならびに注意事項を目安に、避難導線(二方向)を確保して下さい。
  • 主たる導線幅員の目安
    会場面積300㎡未満の場合:1,200mm以上
    会場面積300㎡以上600㎡未満の場合:1,600mm以上
  • レイアウトの内容により、補助避難導線を避難口に有効につなげて下さい。
  • すべての扉周りおよび避難通路には、通行障害を避けるため物品を設置しないで下さい。
設営・撤去時は下記の内容にご注意願います。
  • 臭気の強い影響が考えられる塗装等はご遠慮下さい。
  • 搬入・搬出時には床・壁・天井(必要に応じて)を必ず養生し、施設・設備・備品に傷を付けないように十分にご注意下さい。
  • 什器、備品等(特に重量物)を設置する場合には、床面まで手を離さずに静かに設置して下さい。また、設営資材、工具類においても、落す・投げるなどの行為はご遠慮下さい。
  • 木工パネル、システムパネル、イントレ、トラス類の組立および施設内で打付けを伴う工作等を実施する作業を予定している場合、騒音等の影響が階下その他へ懸念される為、予め作業内容・施工時間等を調整させていただくことがございます。上記作業のご予定のある方は、予め、弊社担当者へご相談下さい。
  • パネル類の組立てには、日中の槌型工具による打付け作業はご遠慮頂き、電動ドライバー等をご使用下さい。また可能な分量については、手作業による締付け作業等の実施にてご対応下さい。
  • 打付け作業時は、床面平置きでの作業はご遠慮頂き、資材を立てた状態での施工または固定方法を予めご検討下さい。
  • 騒音・振動を最小限に抑えるために、緩衝材となるマット等をご用意の上施行作業願います。
  • 撤去時における解体作業時においても、釘抜き等をご利用頂き、打ち付け作業を最小限としていただきますようご検討願います。
  • 階下より、騒音等の発生に対する指摘があった場合には、作業を一時中止していただく場合がございます。何卒ご了承願います。
各種書類提出について
  • 組立て作業等、騒音・振動、臭気の強い塗装の可能性のある設営については、≪事前作業届≫(Excel形式:50KB)Excel≪火気使用・危険物作業許可願≫の提出が必要となります。予め弊社担当者とご相談の上、施工1週間前までにご提出をお願いいたします。
その他【フォーラム施設利用規約】に記される事項は遵守して下さい。
上記以外で状況に応じて、アカデミーヒルズからのご案内する事項については、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。
【2】消防申請(防火対象物使用開始届出書および防火対象物一時使用届出書のご提出)について
催事の開催にあたり、1週間前までに麻布消防署へ、法令で定められた届出をする必要があります。届出の必要性の有無に関しては、下記の内容を目安に弊社スタッフにご相談下さい。内容に応じてご案内いたします。(尚、届出は催事主催者様自身で、麻布消防署へご提出頂きます。ご準備の程よろしくお願いいたします。)
  • 参加者の氏名等特定が出来ない場合
  • 集中的に大多数の来館が見込まれる場合
  • 物販および営利性の高い展示会を目的とした催事を開催される場合
  • 興行等の催事を開催される場合
届出の際には、下記の書類が正・副で2通必要となります。提出後、消防受領印のある副本が返却されます。副本一式のコピーを開催5日前までにアカデミーヒルズへご提出下さい。
  • 催時申請に関する届出書類一式(アカデミーヒルズもしくは所轄消防署よりお渡し致します)
  • 会場管理計算書
  • 会場図面(平面図、展開図、ブース等の詳細図等)
  • 各種開催パンフレット
  • その他、消防が別途指定する書類/例)防火・防災管理者手帳等
その他
  • お客様(主催者、代理店)には東京消防庁が定める「防火・防災管理講習」、「防火安全技術講習」を受講されますことをお奨めいたします。
  • 麻布消防署 連絡先:03-3470-0119(代表)
  • 会場管理計画書へ記載されたご担当の皆様には、参加者の避難誘導に関するご説明を、弊社スタッフより催事開催前に行います。予め、ご集合時間、ご集合場所を弊社スタッフとご相談下さい。
  • 消防署より催時開催前に視察を希望された場合には、ご協力をよろしくお願い致します。
【3】保健所各種申請について
ご飲食物の持込(アカデミーヒルズにてご紹介させていただくケータリング業者または商品以外)をご希望される場合、保健所への届出または営業許可の申請が必要になる場合がございます。予め弊社スタッフへご相談下さい。内容に応じてご案内いたします。

【参考:六本木アカデミーヒルズ床耐荷重】

六本木アカデミーヒルズフォーラム施設の床耐荷重は下記のようになります。重量物の設置がある場合は、下記の耐荷重を遵守していただくとともに、集中荷重を避けるためにも、床設置面を広くとり、鉄板・コンパネ等の養生をご用意下さい。※六本木アカデミーヒルズの床はOAパネルとなります。

  • アカデミーヒルズ49
    600㎏/㎡・・・タワーホール、カンファレンスルーム1.2.6
    400kg/㎡・・・コラボレーションルーム1.2.3、スカイスタジオ、カンファレンスルーム5.7、 ライブラリーカフェ
※その他注意
  • 共用廊下は250㎏/㎡未満となります。
  • ライブラリーカフェには什器・装飾物等の設置はご遠慮ください。
  • 電源等の床埋込設備・壁際・窓際・ドア周りは木製の為、耐荷重は著しく小さくなります。

会場設営・官公署への届出に関してのご留意事項(PDF:237KB)PDF

音響設備ご利用に関するご留意事項

弊社各会場の音響設備は、あらかじめ過不足ない音量に合わせてご用意しております。お客様の方で音響機材をご用意される場合には、隣接する会場との音の干渉を防ぐ為、下記の通り規定させていただいております。 内容ご確認の上、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

音量について
  • 75db(デシベル)※1を上限とし、聴感で判断させていただいております。イベントの趣旨によっては、騒音計による測定を行う場合がございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

  • ※1 音量の測定基準:会場中央に騒音計(RION社製 NL-22)を1mの高さで音源に対向し水平に計測した数値です。
楽器演奏を予定されているお客様へ
  • 下記の要素が含まれる演奏はご遠慮いただいております。内容ご確認の上、施設ご利用のお申込みまでに、弊社担当者にご相談下さい。
  • 管楽器・打楽器など、楽器自体の音量・振動が大きいもの
  • 電気楽器等、音響機材によって大きな音を出し得る楽器
  • ブラスバンド・オーケストラなど、大規模編成のバンド
  • 会場のドアを開けたまま、あるいは頻繁に開閉する場面で演奏される場合
  • ダンスや歓声を誘発するような楽曲
  • 同フロアの近隣会場に同時間帯、会議などでご利用いただいている場合
PA(仮設音響設備)ご利用の場合
什器、備品等(特に重量物)を設置する場合には、床面まで手を離さずに静かに設置して下さい。また、設営資材、工具類においても、落す・投げるなどの行為はご遠慮下さい。
音響操作(オペレーター・DJ)ご担当者様へ
  • サウンドチェック・リハーサル・本番中に関わらず、弊社スタッフが音量・音質を調整していただくよう、直接お伺いすることがございます。<
  • 開催10日前までに、主要な機材名の明記された仕込み図(あるいは機材リスト)をご提出下さい。
  • 機材・レイアウトによっては、設置場所をご変更いただく場合がございます。
その他
  • アトラクションなど、下記の要素が含まれる内容はご遠慮ください。
  • 大きな声(音)や、歓声を誘発するアトラクション
  • ソシアルダンス・タップダンスなど、ダンスパネルや硬質パネルステージが必要になるアトラクション
  • 激しい動きや多くのお客様を動員するようなクイズやゲーム
  • クラッカーなどの鳴り物

音響設備ご利用に関するご留意事項(PDF:77KB)PDF

このページの上部へ